ぎっくり腰後にピラティスをする時期はいつから?

岡山で肩こり・腰痛・ひざ痛に強いパーソナルトレーニングスタジオGreen&Bodyのパーソナルトレーナー木村泰久です。

 

ぎっくり腰は、ある日突然起こるようです。

 

私は経験がないのですが(先日トレーニングをやり過ぎて腰を引きつりましたが笑)、前触れもなく歩けなくなる程の激痛が走るようです。その衝撃から、ぎっくり腰は”魔女の一撃”とも呼ばれています。

 

そんなぎっくり腰にも、ピラティスは非常に有効です!Green&Bodyではぎっくり腰に対して、ピラティスでアプローチしてきました。

ぎっくり腰注意報!~ぎっくり腰改善ピラティス!~

2017.10.06

ぎっくり腰にピラティスが効果的な3の理由!60分で改善したケースも!?

2018.02.21

 

とても効果的ですが、開始の時期はとても重要です。時期を誤ると、かえって痛みを誘発し兼ねないからなのです。

 

見極めるポイントは、日常生活動作が出来るかどうかと考えられます。

 

ぎっくり腰の原因は?

 

通称ぎっくり腰は、急性腰痛症というものです。

 

ぎっくり腰の痛みの主な原因は主に2つです。

 

  1. 腰の骨の捻挫
  2. 筋肉の損傷

 

私が現場で見た中では、腰の骨の捻挫が突発的に起きて、それにより短期的・長期的に筋肉も損傷や拘縮(こうしゅく=強く固まってしまうこと)するというケースが非常に多いです。

 

「腰の骨を捻挫ってどういうこと?」と思われたかもしれませんが、イメージとしては足首の捻挫です。

 

 

歩いている時にくじいて「痛い!」と足首をひねったことはありませんか?あれが腰の骨で起こると、ぎっくり腰になるのです。

 

最も起こりやすいケースとしては、こちらの体勢です。

 

 

このように、前屈み+ひねりが加わった状態です。この姿勢、力学的に腰の一点に強いストレスを与えてしまうのです。

 

また多いのは、この体勢で荷物を持ち上げてしまうということ。これは更にストレスを加えることになってしまいます…。よく「荷物を持った瞬間にぎっくり腰になった」という声が多いですが、その時に多いのは効き脚を前に出して持ち上げることで、腰にひねりが加わってしまっているのです。

 

これにより、腰の骨は捻挫をしてしまうのです。これがぎっくり腰の原因です。

 

ぎっくり腰とピラティスの関係

 

では、なぜぎっくり腰にピラティスが良いのでしょうか?それは、ゆるんでずれた関節や筋肉を元の位置・機能に戻せるからです。

 

荷物を持ち上げると、全員が全員ぎっくり腰になるわけではありませんよね?

 

このなる人とならない人の違いは、例えばからだの使い方が上手だったり(負荷を逃がす、力の入れ方)、また関節を保持する力が高いと考えられます。ここでいう関節を保持する力とは、関節についている小さな筋肉、所謂インナーマッスルです。

 

ピラティスはこの両面にアプローチ出来るのです!

 

からだをコントロールするピラティスは、バランス能力や使い方を養うことが出来る為、無理な力みがなくなります。

 

そして何より、インナーマッスルを鍛えることが出来る為、骨や関節の補強が出来るのです。

 

特にぎっくり腰の場合、腰の骨同士を補強する小さな筋肉があり、そこをしっかりと締めてあげることで、痛みを起こしにくくなるのです。

 

これらから、ピラティスはぎっくり腰にとても有効的なのです!

 

ピラティスはいつから始めたらいいの?

 

 

しかし、痛みが起こてすぐピラティス!というのは、リスクもあります。

 

なぜなら、症状によっては強い炎症を起こしているからです。

 

上記の例で挙げたように、重たい荷物を持ち上げるなど、いつも以上に急激な負荷が掛かってぎっくり腰になった場合、その分腰の骨は引っ張られ組織が炎症を起こします。

 

ぎっくり腰になって丸1週間仕事を休まなければならなくなったというようなケースは、この状態が考えられます。

 

運動も動かすという意味ではストレスです。炎症レベルが高い時にそれを行ってしまうと、痛みを誘発し兼ねません。

 

そこで、ぎっくり腰の状態からピラティスをする時期に関して、私はお客様に以下のようにお伝えしています。

 

「ぎっくり腰でも歩けるなど動作が出来るようであれば、ピラティスをして安定させましょう」

 

炎症レベルが高い状態は、起き上がることすら困難なほど痛みがあります。痛みがある状態は、強い炎症が起こっていると考えられます。

 

その場合は、安静にして組織を回復させる糖質・たんぱく質・ビタミンなどをしっかり補給することがお勧めです。

 

しかし、そもそもの原因は関節がずれる・筋肉が異常状態にあるということですので、早く元に戻してあげなければ、悪い姿勢を脳は覚えてしまいます。

 

ピラティスは動きでからだを整えます。その為、正しい位置に関節や筋肉を戻すことには非常に長けています。

 

痛みがあっても歩ける、または日常生活を送れるのであれば、ピラティスに取り組みましょう!ゆるんでしまっている関節や筋肉を引き締め、痛みを解消しましょう。

 

まとめ

 

突然なってしまったぎっくり腰。安静にすることも重要ですが、そのままではまた繰り返してしまうか、痛みが長続きします。

 

根本的な改善にはピラティスがとても効果的です。しかし、炎症が強い状態ではかえって悪化し兼ねません。

 

ぎっくり腰になっても、ある程度日常生活を送ることが出来るのであれば、ピラティスの動作を行って痛みの解消を促進し、また予防することが出来ます。

 

ゆるんでしまった関節や筋肉を、ピラティスでしっかりと整えぎっくり腰を解消しましょう!

086-237-4370

 

メルマガ発行中!

からだ×リフォーム専門Green&Body

木村 泰久

トレーナーの自己紹介

2017.07.03
==========================================

からだ×リフォーム専門Green&Body

~姿勢と栄養でからだをリフォーム~

〒703-8244岡山市中区藤原西町1丁目6-43-2F-A

(廣榮堂さんの真向かいです)

[TEL]086-237-4370

[Mail]info@green-and-body.com

[HP]https://green-and-body.com

[営業日]

月~金 10:00 - 21:00

土 10:00 - 19:00

日・祝 定休日

========================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です