【避難中に気を付けたい】エコノミークラス症候群を防ぐ!

岡山で肩こり・腰痛・ひざ痛に強いパーソナルトレーニングスタジオGreen&Bodyのパーソナルトレーナー木村泰久です。

 

大雨で被害を受けられた方に、心よりお見舞い申し上げます。

 

今週のブログでは、被災・避難された方に、少しでもお役に立つ情報をお届けいたします。

 

本日は、災害を逃れ避難することが出来た後に、運動指導者として最も注意していただきたいことです。

 

それはエコノミークラス症候群です。

 

皆さまも聞いたことがあるかと思います。飛行機のエコノミー席に乗った時に起こるものとして、エコノミークラス症候群とされていますが、飛行機の中でなくても車や避難所でも起こり、これは命に関わります。

 

現に先の熊本地震の後にも、助かった命がエコノミークラス症候群によって亡くなってしまったというケースが多数見られました。

 

これは、ちょっとしたポイントで防ぐことが出来るのです。二次災害とも呼ばれるこのエコノミークラス症候群をしっかりと防ぎ、命を守りましょう。

 

エコノミークラス症候群とは?

 

エコノミークラス症候群とは、正式名称としては静脈血栓塞栓症です。

 

同じ姿勢でいることで、ふくらはぎなどで血栓(血の塊)が出来てしまい、それが肺や脳に飛び閉塞・狭窄・炎症を起こす症状です。これは命に関わる疾患です。

 

エコノミークラス症候群と呼ばれる所以は、飛行機のエコノミークラス席に乗って移動している方は同じ姿勢で居続けることが多く、そこで起こることからその名で呼ばれていますが、これは飛行機に限定されるものではありません。

 

例えば、車中泊を続けることや狭い場所で同じ姿勢で過ごすことでも起こってしまうのです。

 

震災後に多く起こった死亡ケース

 

実は、先の東日本大震災、熊本地震では、このエコノミークラス症候群を含む二次災害で死亡してしまうケースが多発しました。

 

具体的には、車中泊をしていた方が、朝起きて車から降りた瞬間に気を失い、そのまま亡くなってしまうというケースが多発したのです。

 

また、避難所でも同様の症状が起こりました。これには理由があります。

 

まず車中泊は、飛行機同様狭い車内で同じ姿勢で居続け寝ていたことなどから、血栓が出来てしまったと考えられます。また、避難所は非常に狭いケースが多いです。そこでも同じ姿勢で居続けることで、同様に血栓が出来てしまったのです。

 

データによると、震災後2日目にはこのエコノミークラス症候群と見られる症状が報告されています。

 

エコノミークラス症候群は、誰にでも起きてしまう可能性があります。しかし、きちんと対策をすることで、誰にでも予防することが出来るのです。

 

エコノミークラス症候群を防ぐ過ごし方

 

エコノミークラス症候群は、上記でお伝えしたようにふくらはぎ部分に血栓が出来てしまうことにあります。

 

そこで、それを予防する過ごし方について、以下を意識してみてください。

 (1) ときどき、軽い体操やストレッチ運動を行う
 (2) 十分にこまめに水分を取る
 (3) アルコールを控える。できれば禁煙する
 (4) ゆったりとした服装をし、ベルトをきつく締めない
 (5) かかとの上げ下ろし運動をしたりふくらはぎを軽くもんだりする
 (6) 眠るときは足をあげる

※厚生労働省データ参照

 

同じ姿勢で居続けること、動かさないこと、水分不足などが血栓の原因になりますので、上記に気を配るだけでも血栓が出来ることを防ぐことが出来ます。

 

エコノミークラス症候群を防ぐエクササイズ

 

また、ここではエコノミークラス症候群を防ぐおすすめのエクササイズを写真でお伝えします。

 

カカトの上げ下ろし運動

 

 

座ったままの姿勢で、カカトを上げ下げします。この時、速く行うのではなく、ゆっくり上げ下げを行いましょう。

【目安回数:10回 ✕ 2~3セット】

 

足指ジャンケン

 

グー

チョキ

パー

 

このように、足の指でジャンケンのグー・チョキ・パーをつくりましょう。指先を動かすことで、末梢部分からふくらはぎまでをしっかり動かすことが出来ます。

【目安回数:各ポーズ1セット=5~7セット】

 

足首回し

 

座った姿勢で、足先を支店に足首をグリグリと回しましょう。時計回りを行ったら、反対回しも行いましょう。

【目安回数:各5~7回】

 

このように、その場で行える足先の運動をするだけで、血液の循環を良くして血栓が出来ることを防げます。

 

避難中や車でしか過ごすことが出来ない方もいらっしゃるかと思いますので、環境を変えるのではなく、その場で行えることをしてみましょう。本当にちょっとしたことで、命を守ることが出来ます。

 

LINEでは個別でご相談をいただけますので、下記からお気軽にご連絡くださいませ。

086-237-4370

 

メルマガ発行中!

からだ×リフォーム専門Green&Body

木村 泰久

トレーナーの自己紹介

2017.07.03
==========================================

からだ×リフォーム専門Green&Body

~姿勢と栄養でからだをリフォーム~

〒703-8244岡山市中区藤原西町1丁目6-43-2F-A

(廣榮堂さんの真向かいです)

[TEL]086-237-4370

[Mail]info@green-and-body.com

[HP]https://green-and-body.com

[営業日]

月~金 10:00 - 21:00

土 10:00 - 19:00

日・祝 定休日

=============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です