【避難中に気を付けたい】おすすめの食べもの

岡山の姿勢矯正・改善ピラティススタジオGreen&Bodyです。

大雨で被害を受けられた方に、心よりお見舞い申し上げます。

今週のブログでは、被災・避難された方に、少しでもお役に立つ情報をお届けいたします。

皆さまの手元には、少しずつでも支援物資や通常物流で食べものが届いているでしょうか?

少しでも皆さまに食べものが届いていることを願って…。本日は体力が落ちないように率先的に食べるべきおすすめのものをお伝えします。

これだけは摂っておきたい栄養!

私達のからだは、食べたものからつくられます。

それが食べ過ぎれば体脂肪が増える➡ダイエットとなりますが、命に関わるのは不足した状態の方です。

私達が日々食べる理由は、生きる為にエネルギー代謝を常に起こし続けるからです。

食べたものを体内の内臓で分解して吸収し、私達はエネルギーに代えることが出来ます。また、血肉とすることが出来ます。

からだは多くの細胞の集合体で、その細胞の原材料も食べたものの栄養となっています。

だからこそ、私達は生きる為に食べる必要があるのです。

水があれば極論1か月は生きていけますが、それでもその間エネルギーは必要とされます。その時のエネルギー源は、今ある体脂肪やその他の組織です。貯金を切り崩しているようなイメージを持ってください。

日頃私達は5大栄養素をメインに摂取します。それは5大栄養素が私達のからだを形成するからです。

しかし、避難中にこの5大栄養素を意識して摂取することは難しいと思われます。

そんな時、優先的に摂っていただきたい栄養素が2つあります。それがこちらです。

  1. 糖質
  2. たんぱく質

この2つは、特に必須です。まず糖質は、脳や全細胞のエネルギー源となります。疲れた時に頭がぼーっとするのは、糖質が不足しているからです。(甘いモノが欲しくなりますよね)

糖質は即効性があり、食べるとすぐ脳や全身に渡ります。もちろん摂り過ぎも良くありませんが、まず糖質は優先的に摂取してください。

次にたんぱく質ですが、こちらは糖質同様細胞の材料となることに加え、体内で酵素となり化学反応に働きます。化学反応が起こらなければ、エネルギーとして使うことが出来ません。その為たんぱく質がからだに必須なのです。

摂っておきたい栄養が含まれている食べものは?

では、これら摂っておきたい栄養が含まれている食べものは何でしょうか?

避難所に届けられる食事の中では限られてしまいますが、しっかりと補給することが出来ます。

以下をご覧ください。

【糖質】

  • おにぎり
  • パン
  • カンパン
  • スポーツドリンク
  • ラムネ
  • カップ麺

【たんぱく質】

  • チーズ
  • ジャーキー
  • カルパス

これらで補給することが出来ます。

カップ麺は水で食べられる!

支援物資の中で、カップ麺が多く届けられるかと思います。カップ麺はインスタントで持ち運びが良い上に、炭水化物(糖質)がしっかりと含まれていることからおすすめです。

しかし、カップ麺は通常お湯で戻して食べますよね?

「今はお湯を出せる環境にないし、もらっても食べられないよ…」

そう思われるかもしれませんが、実はカップ麺は水でも食べられるのです。

少し時間を掛けることで水でも食べられるようになります。

もちろんアツアツの方が美味しいことは明白ですが、”糖質を摂取する”という意味合いでは、とても有効です。

まとめ

災害時に食べものは限られてしまうかもしれませんが、その中でも特に糖質とたんぱく質は、からだの材料であることから見て優先的に摂取しましょう。

またカップ麺が手元にあってお湯を出せない環境でも、水でカップ麺を戻して食べることが出来ます。これによりしっかりと糖質をからだに補給することが出来ます。

限られたものの中から選ぶことは大変かと思いますが、少しでも体力になる栄養を摂取してください。

LINEでは個別でのご相談も承っておりますので、以下バナーからからご連絡くださいませ。

問い合わせ

LINE@限定で、健康に関する話やお得な情報を毎週お届します!登録無料で個別の相談も受けて付けております! 姿勢矯正・改善ピラティススタジオ Green&Body 木村 泰久

【代表トレーナープロフィール】木村泰久

2017年7月3日
姿勢矯正・改善ピラティススタジオ Green&Body 〒700-0975 岡山市北区今4-15-23 2F

086-237-4370

[営業日] 月ー木 9:00 - 21:00  土・日・祝 9:00 - 18:00  金曜日 定休日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です