なぜインナーマッスルが大切なの?||肩こり・腰痛・ひざ痛改善との関係

岡山で肩こり・腰痛・ひざ痛に強いパーソナルトレーニングスタジオGreen&Bodyのパーソナルトレーナー木村泰久です。

 

皆さんはインナーマッスルという言葉を聞いたことがありますか?こちらのブログでも再三登場するインナーマッスル。

 

結論から言うと、インナーマッスルは肩こり・腰痛・ひざ痛を予防改善する為にとても重要です!

 

  • でも、何となく大切なのは分かるけど、何が大事なの?
  • インナーってどういう意味?

 

このように思われている方もいらっしゃるかと思いますので、本日はインナーマッスルがなぜ大切なのか?肩こり・腰痛・ひざ痛との関係について、お話しいたします。

 

 

インナーマッスルは”からだを支える”

 

まずインナーマッスルとは、ざっくり言うと”からだを支える筋肉”です。インナーがあるということは、アウターも存在します。この2つを分けると、下記のようになります。

 

  • インナーマッスル=からだを支える
  • アウターマッスル=からだを動かす

 

もちろんアウターもからだを支えますし、インナーマッスルも動きに関与することもありますが、大きく分類するとこのようになります。

 

ここで歩くという動作を例にとってみましょう。

 

 

歩く時、手脚を交互に動かし私たちは前に進みます。この時、手を大きく振る・脚を前に押し出すor後ろに蹴るなど、目で見えるような大きな動きはアウターマッスルが担っています。

 

そして、その時にからだを内側で支えているのがインナーマッスルです。例えば、脚を前に出した時に腰が反らないように支える、腕を前に振った時頭が揺れないように支えるなど、このような働きを担っています。

 

大切なことは、どちらかだけが必要ではなく、両方が必要ということです。

 

ここでインナーマッスルを少し細かく見ていきます。インナーマッスルで分かりやすい例と言えば、お腹周りにあるコアです。

 

こちらの図の右側の部分”インナーユニット”がインナーマッスル・コア・体幹と同じ意味を持ちます。インナーユニットは4つの筋肉が円柱の筒のようになり、1つのユニットとして働きます。

 

それぞれで働きも異なります。

 

  • 横隔膜・・・呼吸に強く関係し、上からドーム状に体幹を支える
  • 腹横筋・・・お腹全体をコルセット状でサポートし、体幹を支える
  • 多裂筋・・・お腹の後ろから、背骨と体幹を支える
  • 骨盤底筋群・・・内臓や骨盤を下からサポートし、体幹を支える

 

これらはすべてが同時に働いて体幹を支えるという働きを担います。

 

コアが有名なのは、どのような動作でもコアが必ず働くからです。私たちが歩く・走る・上る・ものを持ち上げる・運ぶ・踏ん張る・スポーツをする。どのような動作でも、必ずコアは活性かされ、コアから力が全身に流れていくのです。

 

また、赤ちゃんが生まれてまず最初に活性させるのもコアです。あの泣くという行為が、コアを活性させているのです。このような点からも、コアが重要ということが見えてきます。

 

このように、コアを中心として全身でインナーマッスルはからだを支える役割を担い、わたし達の動作なども支えてくれているのです。

 

アウターマッスルが優位になりやすい

 

しかし、実は現代ではからだを動かすアウターマッスルが優位になりやすいのです。

 

「え?からだを動かすから良いんじゃないの?」

 

と思われたかもしれませんが…このアンバランスはからだにとって良くありません。

 

具体的に、アウターマッスルが優位になると見た目の姿勢や動きにも出てきます。

 

女性で多くみられる反り腰や、デスクワークの長い方に多い猫背姿勢。実は、これらはインナーマッスルが正しく働かず、逆にアウターマッスルが過剰に使われ過ぎて起こるのです。

 

反り腰では、コアが働かず腰の強いアウターマッスルが過剰に強く引っ張ります。猫背姿勢では、首や背骨を支えるインナーマッスルが働かず胸や首後ろなどのアウターマッスルが過剰に強く引っ張ります。

 

この状態で動きを入れても、アウターばかりが強い為ぎこちない動きになっていたり、関節のしなやかな動きが得られないのです。

 

もちろんインナーマッスルだけが働くというのも良くありません。大切なことは、バランスがしっかりと取れていることです。

 

しかし、便利すぎる現代ではインナーマッスルがゆるくなってしまい、その分アウターマッスルが過剰に働いてしまうのです…。

 

 

こんな座り方、何気なくしていませんか?このような姿勢がくせになっていると、インナーユニットはどんどんゆるんでしまいます…。

 

インナーマッスルと肩こり・腰痛・ひざ痛との関係

 

そして、実はインナーマッスルと肩こり・腰痛・ひざ痛と強く関係しているのです。

 

上半身では、首や背中を支えるインナーマッスルがうまく働かないと猫背姿勢になります。すると肩こりになってしまいます。

 

下半身では、腰や骨盤を支えるインナーマッスルがうまく働かないと反り腰姿勢や骨盤が前にスライドする姿勢になります。すると腰の強い筋肉が働き、腰痛になります。更に、骨盤がゆるみ歪むことでも腰痛になり、同時に股関節も不安定となる為ひざにも痛みが出てしまいます。

 

まとめると、このようになります。

 

 

つまり、インナーマッスルがゆるむと、姿勢が崩れ様々なストレスをからだに与え、それが結果的に肩こり・腰痛・ひざ痛につながるのです。

 

もちろん痛みのすべてがインナーマッスルと関係しているとは言い切れませんが、慢性的に痛みが続いている場合はバランスが崩れている可能性が非常に高いです。

 

逆に見ると、インナーマッスルを活性させる・正しく使うことで姿勢を整え、肩こり・腰痛・ひざ痛を改善することが出来るのです。

 

まとめ

 

インナーマッスルはからだを支える働きをして、様々な動きの際にまず活性されます。その上でアウターマッスルで大きな動きを生み出すことが出来ます。

 

しかし、便利すぎる現代ではインナーマッスルがゆるんでしまい、その代償でアウターマッスルが過剰に働き過ぎてしまうケースが多いのです。どちらが良い悪いではなく、アンバランスになっていることがストレスとなります。

 

この状態では、姿勢が崩れてしまい、そのストレスで肩こり・腰痛・ひざ痛などになってしまうのです。

 

インナーマッスルは、からだの姿勢を整え痛みなどのからだの問題を予防改善する為にもとても大切です!

 

まずはこちらの簡単なエクササイズから是非取り組んでみてくださいね!

086-237-4370

お問合せやご質問はLINE@からも受け付けております!LINE@は下記ボタンをクリックいただき、友達登録よろしくお願いします!

友だち追加

からだ×リフォーム専門Green&Body

木村 泰久

トレーナーの自己紹介

2017.07.03
======================================

からだ×リフォーム専門Green&Body

~姿勢と栄養でからだをリフォーム~

〒703-8244岡山市中区藤原西町1丁目6-43-2F-A

(廣榮堂さんの真向かいです)

[TEL]086-237-4370

[Mail]info@green-and-body.com

[HP]https://green-and-body.com

[営業日]

月~金 10:00 - 21:00

土 10:00 - 19:00

日・祝 定休日

========================================

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です