アンチエイジングに必要な5つのポイント

岡山で肩こり・腰痛・ひざ痛に強いパーソナルトレーニングスタジオGreen&Bodyのパーソナルトレーナー木村泰久です。

 

今日11月14日は何の日かご存知ですか?良い歳(1114)の日ということで、アンチエイジングの日なんです!

 

そのアンチエイジングの日にちなんで、アンチエイジングに必要な5つの要素について、お伝えさせていただきます。

 

 

アンチエイジングって?

 

アンチエイジングとは健康用語で、次のように定義されています。

アンチエイジングとは、加齢による身体の機能的な衰え(老化)を可能な限り小さくすること、言い換えると、「いつまでも若々しく」ありたいとの願いを叶えること

 

人間生きている限り、生理的な老いに敵うことは出来ません。しかし、同じ年齢でも若く見える・老けて見えることってありませんか?これがアンチエイジングのポイントなのです。

 

定義にもある”若々しく”。どのようにすればアンチエイジングをすることが出来るのでしょうか?

 

ポイント1 必要なものを食べる

 

まずは、からだを構成する栄養・食べものから。

 

 

わたし達のからだは食べたものからつくられます。その食べるものが不足しているとどうなるでしょうか?不足したからだが出来てしまいます。

 

必要になってくるのは、5大栄養素。つまり、何かをカットするなどをしないことです。

 

従来流行っている糖質カット、脂カットなども、短期的に内臓を休ませるなどの目的であれば問題ありませんが、習慣になっていると要注意です。

 

不足した食生活からは、不足したからだしかつくられません。まずしっかり食べましょう!

 

ちなみに、よく言われるアンチエイジングに良いとされる食べもの、いわゆる抗酸化系の食品ですが、私は意図して摂る必要はないとお伝えしています。

 

例えば、ブドウに含まれる抗酸化作用があるとされるポリフェノールですが、あれは”ブドウの”抗酸化作用があることであって、人間にはイコールではないのです。

 

それよりも、まずは5大栄養素が”きちんと”摂れているか?にフォーカスしましょう。

 

ポイント2 不要なものを食べない

 

必要なものを食べるのと同時に、今度は不要なものを食べないことも重要です。

 

 

添加物、インスタント食品、精飲料水、過剰な砂糖系のおやつ。

 

見落としがちなのが、外食やスーパーなどの総菜です。これらにも添加物はたっぷり使われています…。

 

もちろんすべてをカットすることは不可能ですが、意識して減らすことは可能です。

 

私の目安は、”安いものは避ける”です!

 

また、食べものではありませんが、タバコは言わずもがなアウトです!

 

百害あって一利なし。からだの老いも不健康も、とんでもないスピードで加速させます。兎にも角にも、禁煙です!

 

ポイント3 内臓の活性化

 

次に、からだの中を見ていきましょう。

 

わたし達は、口から入れた食べ物や栄養を、からだの中の内臓でエネルギーや血肉に代えています。

 

 

これらの働きが、内臓が疲れてしまっているとスムーズに行うことが出来ません。

 

例えば、呼吸の質が低いと全身に渡る酸素は少なくなり、血液の循環も悪くなります。また、食べ過ぎると、消化器系は疲労してしまいうまく消化吸収が出来なくなります。

 

内蔵が疲労すると、寝ても疲れが取れない、むくむ、運動してもやせにくいなどにつながってしまいます。

 

内蔵を活性化させるには、短期間のファスティングがオススメです。具体的には、夕食で固形物を避けましょう。

 

空腹との闘いは壮絶ですが(笑)、内臓はその間休むことが出来ます。もちろん水分はしっかり摂りましょう。スープなどはOKです。

 

食べることはとても大切ですが、内臓はわたし達が寝て休んでいる間も常に働いています。(動かないと死んでしまいます!)

 

その中でも消化器系は食習慣や生活習慣でコントロールや改善することが出来ます。

 

朝顔がむくむなどの症状がある方は、もしかすると食べ過ぎや内臓の疲労かもしれません。一度お試しください。むくみもからだもスッキリしますよ!

 

ポイント4 ”低強度”の運動

 

”アンチエイジングに運動”は定説となってきていますが、やればよいというものではありません。重要なポイントがあります。

 

それは高強度ではなく低強度であるということです。

 

なぜなら、高強度の運動では、からだの中で活性酸素(かっせいさんそ)が生まれます。

 

これが、何よりからだを老いさせる物質なのです。

 

人間は生きている限り酸素が必要です。しかし、すべてを使いきることは出来ません。また、生きて活動をする中で、必ず生まれるものがあります。それが活性酸素なのです。

 

活性酸素は激しい運動などでより多く発生します。つまり高強度の運動をすればするほど、からだを老いさせる活性酸素が生まれるのです。

 

もちろん運動はメリットも沢山ありますし、アンチエイジングや健康には不可欠です。健康的な筋肉や姿勢、内臓、血液などは運動をすることにより恩恵を受けます。

 

しかし、両義性でデメリットもあります。それが活性酸素なのです。

 

運動をする場合は低強度の運動を実践しましょう。ウォーキングやピラティスは、まさに最適です。

 

 

ポイント5 ストレス対策

 

そして最後に大切なのが、ストレス対策です。

 

ストレスがからだにとって悪いことは皆様ご存知かと思いますが、何が悪いのでしょうか?

 

それが、上でも出た活性酸素なのです。からだはストレスを受けると、活性酸素を出してしまうのです。

 

ストレスと言うと精神的なものを想像しやすいですが、それだけではありません。

 

例えば、この時期多いウィルス、寝不足、上記でも出た高強度の運動。これらもすべてからだにとってはストレスです。

 

からだにとって様々なストレスを溜めないことは、アンチエイジングの重要な要素です。

 

ストレスも、生きている限りすべて排除することは不可能です。ストレスは溜めない、除去することが必要です。

 

ちなみに、ストレス除去にもポイント1・2の必要なものを食べる・不要なものを食べないということが、とーーっても大切です!!

 

また、考え方や在り方ひとつでも変わります。常に笑っている明るい人って、健康そうではないですか?これも大切なアンチエイジングなんです。

 

 

まとめ

 

アンチエイジングはからだにとって健康でいる為に必要なことです。それを実践する為に、本日は5つのポイントに絞ってお話しさせていただきました。

 

とてもシンプルにお伝えすると、”からだに良いことをして悪いことはしない。これを習慣化すること”。

 

これだけで、アンチエイジングが行え、若々しく健康でいられますよ!是非今日から実践してみてくださいね。

ご質問はLINE@からも受け付けております!LINE@は下記ボタンをクリックいただき、友達登録よろしくお願いいたします。

友だち追加

 

からだ×リフォーム専門Green&Body

木村 泰久

トレーナーの自己紹介

2017.07.03

メールのお問合せ

治らない肩こり、腰痛、ひざ痛や姿勢などに悩まれていませんか?あなただけのオーダーメイドの問題解決方法をご案内します。

メルマガ配信中

無料メルマガ配信中です!からだの新常識を知って健康になる方法を知りたくありませんか?
『からだ×リフォーム講座~からだを変える新常識を知る7日間~』

======================================

からだ×リフォーム専門Green&Body

~姿勢と栄養でからだをリフォーム~

〒703-8244岡山市中区藤原西町1丁目6-43-2F-A

(廣榮堂さんの真向かいです)

[TEL]086-237-4370

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です