運動でやせない5つの原因!絶対にダイエットで押さえておきたいポイント!

岡山で肩こり・腰痛・ひざ痛に強いパーソナルトレーニングスタジオGreen&Bodyのパーソナルトレーナー木村泰久です。

 

ダイエットをされている方で、食事とともに運動を頑張られている方も多いかと思います。

 

しかし、良く耳にする声として…

 

「運動しているのにやせない…」

 

これは非常に多い声ですし、何より私自身が-30kgのダイエットをした際に、この道を通り苦しみました。

 

今回は、なぜ運動をしてもやせないのかについて、5つのポイントからお話しいたします。

 

 

運動をしてもやせない原因5つ

 

まず、運動をしてもやせない原因と考えられる要素を、以下5点お伝えします。

 

  1. 運動の選択を誤っている
  2. 運動強度が合っていない
  3. 運動で脂肪を燃焼する材料が足りない
  4. 運動で脂肪を燃焼する内臓状態ではない
  5. 運動以上に食べている

 

1つずつ説明しますね。

 

1.運動の選択を誤っている

 

まず脂肪を燃焼するには、筋トレよりも有酸素運動です。

 

これは、筋トレが意味がないというわけではありません。筋トレは重要ですし脂肪燃焼をする効果もあります。しかし、直接的に脂肪を燃焼する運動は有酸素運動です。

 

どういうことかと言いますと、有酸素運動をする為のガソリンが脂肪なのです。

 

筋トレの場合は基礎代謝を上げることが出来る為、長期的なキープなどには非常に効果的で、そのような目的では行うべきです。しかし、直接的な脂肪燃焼の運動は有酸素運動となります。

 

その為、私自身もお客様には「ピラティスでやせるのではなく、やせやすいからだを作ることが出来ます。その上で、直接的ガソリンを使う有酸素運動をしましょう」とお伝えしています。

 

この選択は非常に重要です。

2.

2.運動強度が合っていない

 

その1を押さえた上で次に重要なのは、強度設定が間違っている可能性があります。

 

例えば、普段走ったことのない方が時速10kmでランニングをしたら息が切れますよね。それが運動強度が合っていない状態です。

 

脂肪燃焼と運動強度は非常に重要です。脂肪燃焼には有酸素運動が効果的ですが、この強度が高すぎると脂肪は燃焼されにくい状態です。

 

脂肪燃焼が効率よく行われる強度は、やや低めの強度です。つまり息が激しく切れるような運動ではないのです。(例えばダッシュですね)

 

この強度は心拍数で測ることが出来ます。とは言っても、人によって環境や条件も変わりますので、オススメの方法としてはニコニコペースです。運動中息は上がりつつもだれかと話しをすることが出来る程度の強度です。

 

 

これが脂肪燃焼に非常に効果的と言われています。

 

この1と2をしっかりと行うことで、ある程度結果は出ますが、現場ではここまでやっているのにやせないという方が非常に多くいらっしゃいます。実際私もそうでした。

 

その場合以下3つが考えられます。

 

3.運動で脂肪を燃焼する材料が足りない

 

1.でお伝えしたように、有酸素運動の材料は脂肪です。その為有酸素運動をすれば脂肪が燃焼されますが、実は直ぐにガソリンとして使われるわけではないのです。

 

車で想像していただくと分かりやすいのですが、ガソリンがそのまま燃えて車が走るでしょうか?そうではなく、ガソリンが車の中で化学反応でエネルギーに変えられて初めて走ることが出来ます。

 

これがからだの中でも起きます。つまり、脂肪があっても、それをエネルギーに変える材料が必要なのです。車で例えるとオイルですね。

 

それが糖質、ビタミン2種類、ミネラルなどです。意外に思われる方も多いのですが、糖質もなければ脂肪をエネルギーに変えることは出来ません。

 

これらを摂ることで、飛躍的に脂肪燃焼率は上がります。

 

4,運動で脂肪を燃焼する内臓状態ではない

 

そして、ここも重要です。わたし達のからだは食べた物から得る栄養で動いていますが、そもそもは骨、筋肉、内臓などの細胞で動きます。車で例えるとボディー、車そのものですね。

 

いくら有酸素運動をして脂肪をエネルギーに変える栄養を摂ったとしても、それ自体を起こす内臓の機能が低下していると脂肪を代謝することが出来ません。

 

具体的には、すい臓、肝臓、腎臓、腸などが関係してきます。この状態が悪いと、脂肪を代謝することが効率よく行われないのです。

 

 

私の場合、この4が非常に当てはまっており、内臓を休ませリカバリーした状態でランニングをすると、とても効率よく脂肪が燃焼されました。逆にお酒を飲んだ次の日などは、体重は全く減らず、逆にむくみや苦しさが増しました…。

 

運動前日はもちろん、日頃からの内臓のコンディショニングもとても重要です。

 

5,運動以上に食べている

 

そして、実は一番多い原因なのがここ。

 

そう、食べている(笑)

 

 

1~4の要素をクリアして、脂肪をちゃんと燃焼することが出来ても、その脂肪の原因になるものが次から次に入ってくると、イタチごっこになってしまいます。

 

最も重要な、太る原因を入れないこと。ここが何より重要です。

 

具体的には、太る糖やアルコールですね。

 

まとめ

 

いかがでしょうか。何か当てはまる項目はありましたか?

 

脂肪はきちんとした過程や項目を踏めば必ず燃焼されます。しかし、上記の中で何か1つでもクリア出来ていないと、脂肪燃焼は効率が悪くなってしまい、運動を一生懸命しているのにやせないという結果になってしまいます。

 

もし悩まれている方は、まずはご自身のからだの中で何が要素として当てはまるのかを見つけてみてください。

 

詳細や「自分の場合は何なんだろう?」と気になる方は、ご相談は以下から受け付けておりますのでお気軽にどうぞ!

ご質問はLINE@からも受け付けております!LINE@は下記ボタンをクリックいただき、友達登録よろしくお願いいたします。

友だち追加

 

からだ×リフォーム専門Green&Body

木村 泰久

トレーナーの自己紹介

2017.07.03

メールのお問合せ

治らない肩こり、腰痛、ひざ痛や姿勢などに悩まれていませんか?あなただけのオーダーメイドの問題解決方法をご案内します。

メルマガ配信中

無料メルマガ配信中です!からだの新常識を知って健康になる方法を知りたくありませんか?
『からだ×リフォーム講座~からだを変える新常識を知る7日間~』

======================================

からだ×リフォーム専門Green&Body

~姿勢と栄養でからだをリフォーム~

〒703-8244岡山市中区藤原西町1丁目6-43-2F-A

(廣榮堂さんの真向かいです)

[TEL]086-237-4370

[Mail]info@green-and-body.com

[HP]https://green-and-body.com

[営業日]

月~金 10:00 - 21:00

土 10:00 - 19:00

日・祝 定休日

========================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です