インフルエンザを予防!発症させない5つの方法!薬についてのお話しも

岡山で肩こり・腰痛・ひざ痛に強いパーソナルトレーニングスタジオGreen&Bodyのパーソナルトレーナー木村泰久です。

 

今日は記録的な大寒波ということで、岡山もかなり強い冷え込みになりました…。皆様体調にはくれぐれもお気を付けくださいませ。

 

本日は寒さやこの時期に関係して、インフルエンザについてお伝えさせていただきます。

 

新聞にも載っていましたが、インフルが猛威を振るっており、学校では学級閉鎖なども出ているようです。

 

先日私の知り合いもインフルエンザになったようで、薬で対応し何とか復帰していましたが、かなりしんどかったようです…。

 

インフルエンザは基本的には強いウィルスの為対処は難しいと思われがちですが、栄養や休養での対応は必須です!

 

なぜなら、からだが弱い状態ではウィルスに負けてしまい発症してしまったり、また発症してしまった後でも回復させるのに時間が掛かってしまうのです。

 

本日はインフルエンザを発症させない5つの方法や、薬についてお話ししていきます。

 

 

風邪に関するコチラの記事もどうぞ!

風邪の予防で、まずすること!風邪症状の対策も紹介!

2017.10.23

 

ウィルスを完全に防ぐことは不可能!?

 

まずインフルエンザや風邪に関して、完全にウィルスを防ぐことは不可能です。

 

ウィルスは空気中に存在し、それをすべて除去することは出来ません。唯一の方法があるとするならば、呼吸をしないくらいです(笑)

 

つまり、大切なことはウィルスに負けないからだをつくることなのです。

 

ウィルスに負けないからだとは?

 

先程言いましたように、ウィルスは空気中を浮遊しています。また、周りに発症している人がいると、自分も菌を持っている状態になります。

 

これを保菌状態と言います。基本的にからだには菌を持っている状態だと思ってください。

 

しかし重要なことは、ここで菌を活性させ症状を発症させないことです。

 

そこで大切なことが、ウィルスに負けないからだづくりとなります。

 

では具体的にはどのようなからだでしょうか?

 

それはからだを弱い状態にしないことです。

 

こう見るとシンプル・簡単なようですが、これが意外と難しいのです。

 

からだは本来強く、ウィルスを除去するシステムを持っています。(具体的には体内で除去するシステムを持っています)

 

しかし、これがある影響により負けてしまうのです。

 

それがストレスです。

 

 

これは何も精神的なものだけではありません。

 

熱い寒いなどの環境や過剰な運動などによる物理的なストレス、添加物食品などの化学的ストレスなど、多岐に渡ります。

 

これらのストレスが強くからだに掛かると、そこを除去する為に栄養や体力を使います。

 

すると、からだは栄養・体力不足の状態となってしまうのです。

 

つまり、ストレス対策がとても重要なポイントになってきます。

 

インフルエンザを発症させない5つの方法

 

では、ここで具体的な方法についてを5点に絞ってお伝えします。

 

  1. 過度な運動を避ける
  2. 睡眠不足状態をつくらない
  3. 炭水化物をしっかり摂る
  4. ビタミンをしっかり摂る
  5. 不要な栄養を摂らない

 

1.過度な運動を避ける

 

上記でもお伝えしたように、過度な運動はからだにとってマイナスです。

 

運動は消費活動で、からだのエネルギーを使うことになりますので、それによりウィルスと戦う為の体力や栄養が、筋肉などの修復に使われてしまう為運動は控えましょう。

 

また運動だけではなく、過活動も同じになります。病気の時に安静にする、もしくは安静にするほどからだがだるくなるのは、正しい反応なのです。

 

特に日中は交感神経の関係で調子が良いように、また症状も治まったように感じますが、副交感神経になると途端に症状が出ることがありますので、運動は控えましょう。

 

2.睡眠不足状態をつくらない

 

これは安静という意味で非常に大切です。

 

睡眠をしている間、人間のからだは能動的な活動をしません。もちろん寝返りなどの多少の動きはありますが、他の動きはほとんど行いません。

 

これはからだの回復修復に時間を充てているのです。

 

1日活動していると、からだは確実にダメージを受けます。

 

家事、仕事、歩く、ストレスなど、日々からだは消費されています。だからこそ食事で栄養を摂って修復させるのですね。

 

この睡眠時間が少ないということは、回復修復の時間を削るということになります。

 

特にウィルスなどは強いストレスですので、除去する為にはいつもよりも多くの修復回復過程が必要になります。

 

この時期はいつもより多く睡眠時間を摂るようにしましょう。日中の30分未満の睡眠もとても効果的ですよ!

 

3.炭水化物をしっかり摂る

 

ここからは栄養のお話しです。

 

ウィルスを除去する為にも、回復させる為にも栄養は必須です。

 

そこでまず重要なのが炭水化物・ブドウ糖です。

 

 

これには主に2つの理由があります。

 

まずからだは細胞の集合体です。からだは60~100兆の細胞で出来ています。その細胞の源で多い割合が糖質・ブドウ糖なのです。

 

そして、もう一点はです。

 

からだの司令塔は脳になります。その脳の主成分はブドウ糖なのです。

 

脳はからだの中でも優先順位が非常に高いので、脳に栄養を行き渡らせることはとても重要です。

 

もし少し体調が優れないなどの時は、ごはんやパンなどより、お粥やうどんなど消化に良いもので摂取するようにしましょう。内臓の仕事を軽減することが出来ます。

 

4.ビタミンCをしっかり摂る

 

次に重要なのが、ビタミンCです。

 

ビタミンCも細胞の源であると同時に、ストレス除去や体内のウィルス除去に直接働きかけてくれます。

 

食品などからの摂取も勿論できますが、体内のウィルス除去や回復にはかなりの量が必要になります。

 

そこで私自身が日々実践しており、お客様にもオススメしているのがサプリメントです。

 

私はこれを1日の中で定期的に摂取するよう心がけています。(一度に摂っても吸収しきれないのです)

 

これによりウィルスの発症を抑えたり、除去することが出来ます。

 

5.不要なものを食べない

 

そして最後に、これもとても大切です。

 

食べ過ぎた次の日は、からだが重かったりむくんだりしませんか?

 

あれは食べ過ぎや胃腸のエラーにより、からだが消化不良を起こしているのです。

 

むくみは様々な原因で起こりますが、栄養が過剰な状態。つまり食べ過ぎの時に起こるむくみも非常に多いのです。

むくみはなぜ起こる?!原因4つ・見分け方3つ・改善方法4つを紹介!

2017.07.08

 

また不要なものを食べないことも重要です。

 

ファストフード、添加物たっぷりの総菜、インスタント食品など、これらはからだにとって不要なものがかなり含まれています。

 

からだにとって不要なものは、体内では肝臓に負担を掛けます。肝臓は代謝を司る臓器ですので、ここがエラーを起こしてしまうと回復なども行いにくくなってしまうのです。

 

もちろん、上記で書きましたサプリメントもからだにとっては不要な添加物を多く含んだものもあります。(往々にして安価なものは、安い材料で出来ています…)

 

私が扱っているサプリメントは添加物が非常に少なく限りなく純粋にビタミンCを摂取できるものを選んでいます。そうしなければからだにとって負担ですからね。

 

こちらはGreen&Bodyでも扱っております。

 

上記5つのポイントを実践していただくと、インフルエンザの発症を抑えることが可能となります。

 

薬は絶対ダメ?

 

そして最後に、薬について。

 

 

Green&Bodyでは、薬もからだにとってストレスを与えるものである為極力控え、栄養で対応するようお伝えしています。

 

もちろん極力控えていただいた方が良いのですが、だからといってとてもしんどいのに全く頼らないということもオススメしません。

 

上記でもお伝えしたように、インフルエンザはウィルスとして非常に強いので、熱が高い時などは適宜対応することをオススメします。

 

ただその分、栄養・休養を摂っていただきたいのです。

 

結局はからだの土台である細胞が強くなければ、どれだけ薬を入れても対応しきれません。

 

またやはり薬もからだにとってはマイナスなものも入っていますので、それに対応するだけの栄養も摂っていただきたいのです。

 

またこれはアレルギーなどでも言えることなのですが、今まで薬で対応していた状態から突然やめてしまうのは、やっと補助輪で自転車に乗れるようになったばかりなのに急に外されることと同じです。

 

Green&Bodyでもアレルギーに対して塗り薬をずっと使われていた方は、まず少しずつ頻度や量を減らしその分栄養を増やして、徐々にならしながら最終的に薬を止めていただけるようアプローチしています。

 

要は良いとこ取りをするイメージです(笑)

 

もちろん優先順位はからだづくりである栄養の方が高いですよ!

 

まとめ

 

インフルエンザウィルスは、空気中に浮遊している為まったく除去することは不可能で、からだには常にその脅威があります。

 

しかし、そこで発症させないには5つの方法があります。これをしっかりと押さえていただけることでインフルエンザに負けないからだをつくることが出来るのです。

 

まだまだインフルエンザは猛威を振るっています。今日から直ぐに行える方法ばかりかと思いますので、是非お試しください!

 

オススメのビタミンCについてや量の目安、ブドウ糖の摂り方などについてご質問がある方は、以下からお気軽にお問合せくださいませ!

ご質問はLINE@からも受け付けております!LINE@は下記ボタンをクリックいただき、友達登録よろしくお願いいたします。

友だち追加

 

からだ×リフォーム専門Green&Body

木村 泰久

トレーナーの自己紹介

2017.07.03

メールのお問合せ

治らない肩こり、腰痛、ひざ痛や姿勢などに悩まれていませんか?あなただけのオーダーメイドの問題解決方法をご案内します。

メルマガ配信中

無料メルマガ配信中です!からだの新常識を知って健康になる方法を知りたくありませんか?
『からだ×リフォーム講座~からだを変える新常識を知る7日間~』

======================================

からだ×リフォーム専門Green&Body

~姿勢と栄養でからだをリフォーム~

〒703-8244岡山市中区藤原西町1丁目6-43-2F-A

(廣榮堂さんの真向かいです)

[TEL]086-237-4370

[Mail]info@green-and-body.com

[HP]https://green-and-body.com

[営業日]

月~金 10:00 - 21:00

土 10:00 - 19:00

日・祝 定休日

========================================

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です