猫背は何が悪いの?肩こりを改善するには猫背改善が必須!

岡山の姿勢矯正・改善ピラティススタジオGreen&Bodyです。

 

最近雑誌やテレビでも話題の”猫背”。

 

猫背姿勢は良くない、改善した方が良いと言われます。現にGreen&Bodyでも、猫背姿勢改善を目的に来られる方は非常に多いです。

 

でも、そもそも猫背は何が悪いのでしょうか?今日はそこについて、お伝えさせていただきます。

 

猫背って?

 

猫背とは、定義としては2点にまとめられます。

 

  1. 頭が前に出ている
  2. 背中が丸まっている

 

このように考えられます。

 

1の頭が前に出ている状態とは、耳の穴と肩で見ることが出来ます。

 

下の図をご覧ください。

 

赤線が肩のラインです。本来であれば、この真上に耳の穴が来ることがベストの姿勢なのですが、上の図を見ていただけると分かる通り、耳の穴は前に出てしまっています。

 

そして2の背中が丸くなっている状態ですが、こちらも上の図を見ていただけると分かる通り、頭が前に出ることで背中が丸くなってしまっています。

 

この2つ両方、もしくは1つでも当てはまった場合、Green&Bodyでは猫背姿勢と捉えています。

 

頭はボウリングの球の重さ!

 

わたし達の頭は、脳などを中心にとても重用な役割を担っています。

 

脳があり、それを守る頭蓋骨があり、目・鼻・口・耳などもありますね。それだけ重要である分、重さもあります。

 

その重さは、約5.7kg。これがどれくらいかと言いますと、なんとボウリングの球と同じ重さなのです。

 

それをわたし達は常に重力に逆らって保持しているのです。

 

猫背姿勢では頭を支え切れない!

 

この重い頭、実は理想的な姿勢だからこそ保持できるのです。

 

想像してみてください。今あなたはボウリングの球を持っています。

 

そのボウリングの球、からだの近くと遠くで持つのは、どちらが楽でしょうか?近い=肘を曲げた状態、遠い=肘を伸ばした状態です。

 

この2つでは、からだに近い状態の方が楽ですよね。逆に言うと、からだから遠いと重く感じますよね。これはてこの原理です。

 

これが猫背姿勢では同じことがからだで起きます。それが、頭です。頭がからだよりも前に出ていると、非常に重く負荷が掛かります。

 

その時、その負荷はどこか担うでしょうか?それが首のうしろや肩の筋肉です。

 

これらの筋肉が頭を必要以上の力で支えます。それは力みとなり、筋肉を緊張させます。これが筋肉のコリや硬さになってしまうのです。

 

猫背姿勢を改善しなければ、首・肩こりは改善しない!

 

上記の流れで考えると、果たして首・肩こりに対してマッサージなどは効果的でしょうか?

 

その時は気持ち良く楽に感じますが、それが根本的な改善にはつながりません。

 

なぜなら、この場合の慢性的な首・肩こりの根本の原因は猫背姿勢だからです。

 

穴の空いたバケツに水を入れても水は漏れます。この時水を一旦止めても、水は漏れ続けますしバケツ本来の機能は改善しません。改善するには、バケツの穴を埋めなければなりません。これと同じことです。

 

これらから、猫背姿勢は首・肩こりの根本的な原因となってしまうことが見えると思います。逆に言うなら、猫背姿勢の改善は首・肩こりの改善とつながるのです。

 

他にも、猫背姿勢のデメリットは多数あります。

 

  • 呼吸が浅く、より首・肩がこる
  • 内蔵が圧迫される
  • 腰痛やひざ痛にもつながる
  • ぽっこりお腹になる
  • お尻が下がり脚が太くなる
  • 体内で酸素や栄養の循環が悪くなる
  • パット見の印象が悪い(メラビアンの法則)

 

これらが考えられます。こう見ると、猫背姿勢が悪いということが分かりますね。

 

まとめ

 

猫背姿勢の何が悪いかと言うと、まずは首・肩こりが治らないということになります。それだけではなく、他にも本当に多くのデメリットがあります。

 

猫背を改善することは、からだにとっての負担を取ることが出来ます。寒い時期に多く出やすい猫背姿勢。今の内に改善しましょう!

 

問い合わせ

LINE@限定で、健康に関する話やお得な情報を毎週お届します!登録無料で個別の相談も受けて付けております! 姿勢矯正・改善ピラティススタジオ Green&Body 木村 泰久

【代表トレーナープロフィール】木村泰久

2017年7月3日
姿勢矯正・改善ピラティススタジオ Green&Body 〒700-0975 岡山市北区今4-15-23 2F

086-237-4370

[営業日] 月-木 9:00 - 21:00 土・日・祝 9:00 - 18:00 金曜日 定休日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です