その疲労、もしかして原因は内臓かも?疲労回復には内臓コンディショニングを!

岡山で肩こり・腰痛・ひざ痛に強いパーソナルトレーニングスタジオGreen&Bodyのパーソナルトレーナー木村泰久です。

 

朝起きた時、からだが重だるいーい感じ。たまにありますよね。私も、最近妻とはまっているスーパーファミコンを夜にやり過ぎるとなります(笑)

 

ただ、それが慢性的な疲労の場合。もしかしたら、その原因は内臓かもしれません。

 

内蔵が疲れると、からだにもサインとして表れます。内臓の疲労は、きちんとそれに応じた対処をしてあげなければ回復しません。闇雲に運動したり食べても回復しないのです。

 

本日はその内容についてお伝えさせていただきます。

 

※疲労した白熊…(笑)

 

内蔵の疲労の原因は?

 

内蔵の疲労は、様々な理由で起こります。

 

  • 食べ&飲み過ぎ
  • 栄養不足
  • 添加物などの摂取
  • 精神的なストレス
  • 過剰な運動
  • 季節的変動
  • ウィルス

 

上記の条件で内臓は疲労してしまいます。

 

具体的には、まず体感するのは消化器系が主です。他にも生まれつき呼吸器系が弱い方やアレルギーがある方は、ここにも症状が表れます。(私の場合、生まれつきのアトピーと小児喘息がありましたので、今でも疲労が重なり過ぎると少ししんどくなります)

 

女性の場合は内分泌系に出ることも多いです。最も怖いのが、血液や心臓など循環器系ですね。

 

内蔵の疲労で怖いことは、目に見えないこと、そして特定しづらいことです。

 

例えば、かすり傷などであれば目で確認することが出来ます。そして、「手の甲、ひざの近く」など、特定することが出来ます。

 

しかし、内臓の疲労は目で確認することが出来ません。(症状で出ることもありますが、すぐに出るものでもありませんし数は限られています)

 

そして、ここと特定することが医療機関の検査など以外では容易に判断することが難しいです。

 

「なんとなくお腹が…」とは分かっても、それが胃なのか?小腸や大腸なのか?大腸でもどの部分なのか?はっきりとは分かりません。

 

内蔵の疲労はからだの表にも症状を出しますので、中から改善していかなければなりません。

 

 

しかし、ここでもっと重要なことは、「なぜ内臓の疲労がずっと残るのか?」ということです。

 

内蔵が疲労する本当の原因は?

 

上で紹介した内臓が疲労する原因。ざっと見ると、日常生活にありふれているものが多いですよね。

 

つまり、内臓の疲労は避けて通れないことなのです。

 

では、なぜその疲労症状が出る人と出ない人がいるのでしょうか?

 

そのポイントは”きちんと回復出来ているか?”にあります。

 

本来からだは回復するように出来ています。傷が出来てもかさぶたが出来るように、自然とからだは回復する仕組みを持ち合わせています。

 

問題は、その機能が働いていないこと。”回復出来ていない、出すものを出せていないこと”なのです。

 

つまり、内臓のコンディショニングを整えてあげると、自然とからだや内臓は回復するように出来ています。ここに慢性的な疲労の回復の糸口があります。

 

内蔵の回復には”休養”が必要!

 

内蔵を回復させる為に、激しい運動や栄養補給は適しているでしょうか?

 

残念ながら、それは逆効果になり兼ねません。

 

内蔵は365日休まず働いています。つまり常に仕事をしています。だからこそ回復機能が必要なのですが、食べ過ぎ&飲みすぎ、日々のストレスなど、溜め込むことばかりで仕事量が増えることで、回復機能が低下してしまいます。

 

仕事と一緒で、やはり休ませることはとても大切です。

 

では、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

それは、一定期間食事量を減らし消化に良いものを食べることです。

 

糖質を食べないこと、たんぱく質を少なくすることなどは、習慣化するとからだにとってはマイナスです。しかし、摂り過ぎることもまたマイナスです。

 

内蔵疲労の大きな原因の一つに食べ過ぎ&飲み過ぎで、仕事量が溜まり回復できないことにあります。

 

ですので、1食や1日消化に良いものを食べる、量を少なくするなどで、内臓を休ませてあげるのです。

 

もちろん水分はしっかりと補充して、からだの内側を整えるようにしていきます。

 

すると、内臓は本来の回復機能を取り戻し、きちんと出すものを出して疲労を溜めない状態にすることが出来ます。これが内臓コンディショニングになります。

 

もちろん、根本的な原因である食習慣やストレス耐性なども習慣的に日々見直していく必要があります。

 

まとめ

 

ずっと取れない疲労は、内臓の疲労が原因かもしれません。内臓が疲労すると、出すものを出せなくなり、疲労が蓄積されてしまいます。

 

それらは闇雲な運動や食事では回復しません。きちんと”休ませてあげること”が重要です。

 

まずは一旦内臓を休ませて、それから日常習慣を振り返って改善出来るところから改善していきましょう!

ご質問はLINE@からも受け付けております!LINE@は下記ボタンをクリックいただき、友達登録よろしくお願いいたします。

友だち追加

 

からだ×リフォーム専門Green&Body

木村 泰久

トレーナーの自己紹介

2017.07.03

メールのお問合せ

治らない肩こり、腰痛、ひざ痛や姿勢などに悩まれていませんか?あなただけのオーダーメイドの問題解決方法をご案内します。

メルマガ配信中

無料メルマガ配信中です!からだの新常識を知って健康になる方法を知りたくありませんか?
『からだ×リフォーム講座~からだを変える新常識を知る7日間~』

======================================

からだ×リフォーム専門Green&Body

~姿勢と栄養でからだをリフォーム~

〒703-8244岡山市中区藤原西町1丁目6-43-2F-A

(廣榮堂さんの真向かいです)

[TEL]086-237-4370

[Mail]info@green-and-body.com

[HP]https://green-and-body.com

[営業日]

月~金 10:00 - 21:00

土 10:00 - 19:00

日・祝 定休日

========================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です