「くびれ筋トレ」きつい〜きつくないの間|ピラティス

岡山の姿勢矯正・改善ピラティススタジオGreen&Bodyです。


お腹周りが気になっている方は多いと思います。


そこで、今回はくびれを作るためのお腹周りを引き締めるエクササイズをお伝えします。


毎日行なえばお腹を引き締めれること間違えなし!くびれを作っていきましょう!


くびれを作るならこれ!というオススメのエクササイズをお伝えします。


毎日行えるようにオススメエクササイズお一つのみお伝えします。


くびれを作ろう!〜サイドプランク〜




【効果】

  • くびれ作り
  • お腹周り引き締め


【方法】

  1. 横向きに肘をつき寝転がり、膝は身体より前で90度に曲げる
  2. 肘は肩の真下に置く
  3. 上体がバナナのようにならないために上体を持ち上げ、身体を真っ直ぐにする
  4. 肘と膝で床を押しながら、腰を天井に向かって上げていく
  5. 身体が「へ」の字になるまで上げる(下の横腹が「きつい」となればオッケー)
  6. ゆっくりゆっくり腰を床にまで降ろしていく

〔4〜6を繰り返す〕


【回数】

7回


 【ポイント】

  • 背骨はしっかり伸ばしたまま行なう
  • 腰を上げる時、お尻を後ろに後ろに引いたまま上げる!!


【注意点】

  • 腰を上げる時、お尻が前に出ないようにする!
  • 背中が丸まらないようにする
  • 肩に力を入れない


サイドプランクでくびれが作れる理由


「ドヨン」と張りのない、引き締まっていないお腹はインナーマッスルの腹斜筋が使えていないです。


お腹の筋肉(腹筋)は何層もの筋肉で出来ています。


くびれを作る上で必要な筋肉が腹横筋、腹斜筋(内腹斜筋、外腹斜筋)です。



これらの筋肉が全て使えるのがサイドプランクです。


普段の生活で「腰を前に出して立っていたり」「座っているときにお尻を前に出している」と(上の図)赤丸の筋肉が使えなくなるので、お腹がブヨブヨになってきます。


気付いたら、このような体勢になっている人は、特に気をつけてあげましょう。


そして、サイドプランクで普段使えていなかった腹筋を使ってあげましょう。


まとめ


腹筋は姿勢を支える為にも必要な筋肉にもなります。


姿勢が悪い=腹筋が使えていない=お腹ブヨブヨになります。


姿勢が良いだけで腹筋が使われるので、くびれ作りの近道にもなります。


普段から姿勢に気をつけて生活してみましょう。


ちょっと意識するだけでもお腹周りに変化が出てきますよ。


ご紹介したエクササイズで腹筋を使い+姿勢も整えていきましょう!


問い合わせ

LINE@限定で、健康に関する話やお得な情報を毎週お届します!登録無料で個別の相談も受けて付けております! 姿勢矯正・改善ピラティススタジオ Green&Body 木村 泰久

【代表トレーナープロフィール】木村泰久

2017年7月3日
姿勢矯正・改善ピラティススタジオ Green&Body 〒700-0975 岡山市北区今4-15-23 2F

086-237-4370

[営業日] 月-木 9:00 - 21:00 土・日・祝 9:00 - 18:00 金曜日 定休日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です