【第一弾】姿勢が悪いと健康にも悪影響!?皮膚や髪がボロボロになる!姿勢を正して健康力up!!


岡山の姿勢矯正・改善ピラティススタジオGreen&Bodyです。


ズバリ!姿勢が悪いと健康に悪影響を与えます。


姿勢が悪いと

  1. 内臓の働きが落ちる
  2. 自律神経が乱れる
  3. 筋肉や関節に違和感や痛みが出る

これらが健康に悪影響を与えます。


第一弾「内臓編」、第二弾「自律神経編」、第三弾「筋肉・関節編」と分けてお話していきます。


今回は第一弾「内臓編」です。


意外かもしれませんが、実は悪い姿勢になると私たちのお腹などにある内臓に負担がかかるのです。


内臓が元気に働いていると健康に過ごすことができます。姿勢が悪いと、内臓の働きが悪くなり身体に不調が現れてきます。


今回は内臓の中の消化・吸収に関する内臓に的を絞ってお話していきます。


姿勢と内臓の関係、なぜ姿勢が悪いと内臓に負担がかかるのか?などお伝えします!


【第二弾】姿勢が悪いと朝起きれない!?姿勢と自律神経の関係!はこちらのブログをチェック

【第三弾】姿勢が悪いと肩、腰、膝が頑張り過ぎる!?姿勢を正してより良い生活をゲット!!はこちらのブログをチェック

これらのお悩みはありませんか?


  • 髪がパサパサ
  • しわ、しみ、顔色が悪い
  • 疲れが取れない
  • 朝食が欲しくない
  • 胃もたれを良く起こす
  • ダイエットが上手にいかない
  • 朝起きれない、スッキリ起きれない
  • ぐっすり眠れない
  • 下痢、便秘がある


2つ以上当てはまる方は、姿勢が崩れて内臓が疲れている可能性があります。


崩れた姿勢・悪い姿勢は内臓の働きを下げる理由3つ


崩れた姿勢・悪い姿勢だと内臓が物理的に潰されしまっている為、以下のような連鎖が起こります。


  1. 内臓が圧迫される
  2. 血液の流れが悪くなる
  3. 栄養と酸素が行き渡らない


姿勢が悪いと物理的に内臓が潰れてしまい圧迫されていますので、消化・吸収の能力が落ちてしまいます。またお腹が圧迫されていることにより、血流が悪くなります。血液によって栄養と酸素が運ばれているので、血流が悪くなると栄養も酸素も運ばれなくなってしまうのです。


栄養と酸素が行き渡らないので、末端にある髪や肌がボロボロになってしまうのです。また、滞りがある状態なので、代謝が下がりダイエットも進まず太りやすくなってしまうのです。

悪い姿勢だなと思う方は上の写真の3つのどれかに近い姿勢だと思います。


これらの悪い姿勢はカッコ悪く見えるだけでなく、健康にも悪影響を与えます。


① スウェイバック姿勢:腰が前にスライドしている姿勢。
② 反り腰姿勢:腰が反っている姿勢。
③ 平背姿勢:背骨が真っ直ぐになっていて、S字のカーブが描けていない姿勢。


これらは、内臓を物理的に潰している状況だったり、内臓が正しい位置にキープできていないので、内臓の働きが落ちていまう姿勢です。


内臓の働きは身体の調子や健康に大きく関わっています。


消化・吸収に関わる内臓

食道・胃・腸のイラスト(人体) | かわいいフリー素材集 いらすとや

消化・吸収は胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・膵臓で行われます。主には小腸で行なわれます。


ヒトは食べた物を活動のエネルギーにしたり、身体の材料にします。そのために食べ物を身体の中に入れないといけないですが、食べ物は消化され身体の中に吸収できる大きさになって身体の中に吸収されます。




良い姿勢(身体に負担が少ない姿勢)

姿勢が良いのはカッコよくきれいに見えるだけでなく、本来の内臓の働きへと導いてくれます。


良い姿勢は

  • くるぶし
  • 膝のお皿の少し後ろ
  • 腰の真ん中
  • 耳の穴

がすべて一直線に繋がる姿勢です。


良い姿勢だと内臓も正しい位置に納まっているので、本来の働きを発揮することが出来ます。


姿勢というのは身体の中の状態も良い方向へと導いてくれるのです。


猫背や反り腰が悪い訳でない

余談になりますが、


良い姿勢は身体の負担が少なく、見た目もカッコよく綺麗に見えるので、是非とも目指していただきたいです。


しかし、猫背や反り腰の体勢も悪い訳ではないのです。


しゃがむポーズの模写に最適な画像19枚。脚の構造や陰影などポイントも解説|お絵かき図鑑


物を拾ったり、車の運転中の体勢は猫背です。頭より上の物を取ったりする時は反り腰になります。


このように、その時の場面により体勢を変えて、身体に大きな負担がかからないようにヒトは上手に生活しているのです。


なら悪い姿勢の何がいけないのか?


それは悪い姿勢でずっといることが悪いのです!


猫背や反り腰でずっといると、内臓が潰されたまま正しい位置からズレたままとなり、内臓に負担をかけることになるのです。


一番の理想は、良い姿勢から状況に合わせて猫背になったり、反り腰になったすることができるのが良いですね。


まとめ


悪い姿勢、崩れた姿勢は背骨のS字が崩れている姿勢で、背骨や筋肉、内臓に負担をかけてしまう姿勢です。


内臓に負担がかかっていると消化・吸収の能力が落ち、身体がボロボロになります。


肌のお手入れでも、どれだけ食事を気をつけていても、外からのスキンケアを頑張っていても、土台の身体が機能していなかったら、頑張っていることの効果がダウンしてしまいますよね。


鏡の前で自分の姿勢を見てみましょう。大丈夫ですか?



もし、姿勢が気になった方は『良い姿勢になるコツ・方法』を試してみてください。


一生付き合っていく自身のお身体、大切に健康を保っていきましょう。

問い合わせ

LINE@限定で、健康に関する話やお得な情報を毎週お届します!登録無料で個別の相談も受けて付けております! 姿勢矯正・改善ピラティススタジオ Green&Body 木村 泰久

【代表トレーナープロフィール】木村泰久

2017年7月3日
姿勢矯正・改善ピラティススタジオ Green&Body 〒700-0975 岡山市北区今4-15-23 2F

086-237-4370

[営業日] 月-木 9:00 - 21:00 土・日・祝 9:00 - 18:00 金曜日 定休日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です