姿勢が悪いと、からだにも悪い!|チェックと改善方法の紹介

岡山で”からだの悩み”を解決する姿勢改善専門スタジオGreen&Body代表の木村泰久です。

 

姿勢が悪いと悩んでいませんか?姿勢が悪い状態はからだにも悪影響を及ぼします。何気ない毎日の中で、自分の姿勢がどうなっているのか?何が悪いのか?どうすれば改善できるのか?本日はお伝えします。

 

姿勢が悪いとからだに悪い5つの理由

  1. 肩こり・腰痛の原因になる
  2. 慢性疲労になる
  3. 自律神経が乱れる
  4. 太りやすい
  5. 見た目の印象が悪い

1-肩こり・腰痛の原因になる

姿勢が悪いと、全身でバランスを取ろうとします。自転車で右にこけそうになると、左側に重心を移動させませんか?これを代償と言いますが、姿勢が悪いと代償が常にからだの中で起きているのです。

 

このアンバランスは顕著にストレスを掛け、それは強い箇所に起こります。それが肩や腰なのです。それにより、常に肩と腰がパンパンになり、肩こりや腰痛になってしまうのです。これはマッサージでは改善しません。

 

2-慢性疲労になる

姿勢が悪い状態では、からだの循環も悪くなります。水が流れているホースを踏んだ状態を想像してください。片側には水が流れず、逆に反対側は水が溜まってパンパンになっていますよね。これはストレスが加わり水がスムーズに流れなくなってしまっていることで起こります。姿勢が悪いというのはこの状態なのです。

 

これにより滞ってしまうものは、血液・リンパ液・酸素・栄養・疲労物質など、循環しなければいけないものばかりです。これが滞ることにより、本来必要なものが届かず、逆に出さなければならないものが出せず溜まってしまう状態になるのです。これにより慢性的に疲労が溜まる・抜けない状態になるのです。

 

3-自律神経が乱れる

自律神経とは、私達が生きる上で無意識に働いてくれる神経です。主な働きとしてはからだの調性です。体温をキープする・内臓を動かすなど、無意識下で必要な働きを担ってくれています。自律神経は主に交感神経と副交感神経の2つで成り立ち、その2つがバランスを取ることで、日々私達は活動と休息が取れているのです。

 

姿勢が悪いと常に興奮状態になりやすく、交感神経が優位になってしまいます。この状態では、上記のような自律神経の機能が正しく働きません。すると、消化不良・眠れない・昼間にだるいなどの症状が起こるのです。

 

4-太りやすい

意外かもしれませんが、姿勢が悪いと太りやすくなります。その理由は代謝が下がることにあります。上記の「理由2-慢性疲労になる」の中でお伝えした、からだの循環が悪いという状態は代謝が悪いということにも繋がります。

 

私達は常に食べたものや水分・からだにあるものをエネルギーに代えています。これが代謝です。つまり脂肪代謝とは、からだの中にある脂肪をエネルギーに代えることです。しかし、姿勢が悪くからだの中の循環も悪いとこの代謝がスムーズに行えません。すると有酸素運動をしてもスムーズに脂肪をエネルギーに代えられないのです。

 

また、不要になったものをからだの外にも出せなくなります。出せないものは体内で中性である脂肪に転換されるのです。

 

5-見た目の印象が悪い

人は見た目の印象で55%を決めます。(メラビアンの法則より)つまり、姿勢が悪いと見た目だけで印象の半分以上を損してしまうのです。

 

人と会う機会は生活の中でも多く、ビジネスシーンでも欠かすことが出来ません。姿勢が悪いだけで大切な機会を逃しているかもしれません。

 

8ポイント姿勢チェック!

 

8つのポイントを押さえるだけで行える姿勢チェックをお伝えします。方法はとても簡単です!

 

チェック方法

  1. スマホを全身が写る場所でセットする
  2. スマホの前で全身が写るように”横向き”に立つ
  3. タイマーで写真を撮る(自然体で!)

 

この方法で写真を撮った後、下図の8つのポイントを見てみましょう。

 

 

いくつ当てはまりましたか?判定方法をお伝えします。

 

残念ながら、1つでも当てはまった場合悪い姿勢となります。図の中で赤線が一直線通った姿勢が良い姿勢・パーフェクトポスチャーと呼ばれるものです。この姿勢ではない状態は、残念ながら悪い姿勢になるのです。

 

ただご安心ください。なかなかこのような良い姿勢を自然と取れるケースの方が少ないです。とはいえ、ちょっとのずれも毎日繰り返すと強いストレスになってしまう為、改善する必要があります。

 

姿勢改善エクササイズ-スクワット

 

どこでも、いつでも簡単に行える姿勢改善エクササイズを1つお伝えします。それは、スクワット!スクワットは筋肉を強化するエクササイズとしてよく使われますが、実は姿勢改善にもとても効果的なのです!ポイントは”お尻”です。

【方法】

  1. 脚をやや広めにセットする
  2. 手を腰にあてる
  3. お尻を後ろに引く
  4. カカトで床を押すように起き上がる

【ポイント】

  • 股関節-肩-耳の穴を一直線にする
  • お尻を伸ばす・締めるの繰り返しを意識する

【回数】

10回×3~5セット

【注意点】

  • 背中が丸くならないようにする
  • あごが挙がらないようにする

このスクワットは良い姿勢で行うことが重要です。上記のポイントを押さえ、更に骨盤を安定させ動作をスムーズにさせるお尻をしっかりと使い姿勢を改善しましょう!

LINE@限定で、健康に関する話やお得な情報を毎週お届します!登録無料で個別の相談も受けて付けております!

からだ×リフォーム専門Green&Body

木村 泰久

トレーナーの自己紹介

2017.07.03
==========================================

からだ×リフォーム専門Green&Body

〒703-8244岡山市中区藤原西町1丁目6-43-2F-A

086-237-4370

[営業日]
月~金 10:00 - 21:00
土 10:00 - 19:00
日・祝 定休日

=============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です