お正月の体調不良改善の方法を解説!原因と改善方法の紹介

岡山で肩こり・腰痛・ひざ痛に強いパーソナルトレーニングスタジオGreen&Bodyのパーソナルトレーナー木村泰久です。

 

2018年のお正月、いかがお過ごしですか?

 

おせち料理に年始バーゲン。楽しいことが多いですね!

 

ただ、注意しなければならないのがお正月の体調不良です…。

 

胃腸の重だるさ、ぎっくり腰、風邪、そして怖いインフルエンザ…。

 

これらの体調不調、実はお正月に起こりやすくなるのです。

 

本日はそれらの原因と改善方法について、お伝えさせていただきます。

 

 

なぜお正月に体調不良を起こすのか?

 

皆さんも経験がありませんか?お正月に体調不良を起こしてしまうこと。

 

私もよくあります…。

 

これはなぜなのでしょうか?

 

環境的なことなども関係はしますが、一番の原因はこれです。

 

生活リズムが崩れてしまうこと

 

これに尽きます。

 

これは何も”お正月休みが悪い”というわけではありません。東洋では、お正月がある理由は1年を365日で区切る為にお正月を作り、そこは休むという考えがある為とも考えられています。

 

日々頑張っているので休みも必要です。

 

しかし、だらけてしまう・メリハリがなくなってしまう生活が続くと、からだはそれに反応します。

 

具体的には↓

 

  • ながら食いをする(食事間隔がない)
  • アルコールを連日飲み続ける
  • こたつから出ない(活動しない)
  • 夜遅くまでテレビを観ている

 

いわゆる典型的なお正月の過ごし方ですね(笑)

 

これらはいつもはない生活リズムですので、からだのバランスを崩してしまいます。

 

この状態では、からだはいつも以上に疲労する為免疫力が下がってしまいます。

 

するといつもはひかない風邪になってしまったり、腰に痛みが出るなどの症状が出てしまいます。弱点がより強く出てしまうのですね。

 

お正月の体調不良 改善方法!

 

ではどのように改善すれば良いのでしょうか?

 

まず大前提として、原因である”生活リズムの乱れ”を改善するということが重要になります!

 

  • ながら飲み・食べをしない
  • 休肝日をつくる
  • 軽いウォーキングや運動をする(ピラティスおすすめ!)
  • 通常と同じタイムスケジュールで過ごす(睡眠起床時間を揃える)

 

これらが大前提として必要です。

 

その上で、更に体調不良を改善する方法をお伝えします!

 

たんぱく質を摂取する

 

まずお正月の食事で不足しがちなのがたんぱく質です。

 

たんぱく質はからだの基礎となる細胞の大切な材料の1つですし、なんとダイエットやむくみ解消にも役立ちます。

たんぱく質ってなに?①~たんぱく質とは~

2017.09.06

むくみ解消にたんぱく質が効果的な理由を知っていますか?

2017.10.10

 

たんぱく質は意識しなければなかなか摂れるものではありませんし、この時期はさらに不足しがちです。

 

卵など手軽なもので補給し、細胞を元気にしましょう!

 

ビタミンCを摂取する

 

次にビタミンC。こちらもたんぱく質同様からだの材料になるという点でも重要なのですが、それだけではありません!

 

ビタミンCは風邪の予防改善、疲労物質の除去、ストレス除去にも働く、スーパービタミンなのです!

 

Green&BodyでもビタミンCは激Pushしています。(お客様は嫌な程効いていると思います笑)

 

食品からではイチゴ、ジャガイモなどがオススメです。

 

 

これら2つは栄養の摂取で改善する方法です!

 

食事の全体量を控える

 

さて、ここからは休養の改善方法です。

 

お正月の体調不良は生活リズムが乱れることが一番の原因とお伝えしましたが、この場合起こるのは内臓の疲労です。

 

連日食べ過ぎることによって内臓が疲労してしまうのです。

 

上記2つでお伝えした必要な栄養を摂取する方法も必要ですが、まずは全体量を減らして、その中の割合としてたんぱく質を増やすようにしましょう。(ビタミンCは物理的負担を掛けないのでしっかり摂りましょう!)

 

全体量の抑え方としては体重の変化で見ることがオススメです。

正月太りは”予防”するもの!今から取り組む7つの正月太り対策!

2017.12.28

 

食べ過ぎた後はプチファスティング

 

全体量を抑えても、体調が改善しない可能性としては、消化をすること自体が負担になる程の疲労状態ということが考えられます。

 

この場合はプチファスティングで内臓を休ませましょう!

 

具体的な方法としては、一食を抜くか消化にやさしいものに代えて内臓を休ませましょう。

 

本来は夕食で実践するのが一番効果的なのですが、今の時期はそうもいきませんよね。

 

そんな中私がオススメするのは朝食です。私が実際に行うのは、朝食をリンゴにすることです。

 

 

フルーツは消化に良く栄養も補給できます。もちろんリンゴに限らず他のフルーツでも良いですよ!

 

昼寝をする

 

こちらも休養方法としてはとてもオススメです!

 

私もよく実践する方法なのですが、夜の睡眠に加えて日中に1~2時間睡眠を摂ります。

 

長時間の睡眠は逆にからだがだるくなってしまったり、夜の眠りが浅くなるなどの悪影響が出てしまいますので短時間に抑えましょう。

 

睡眠をすると楽になることには理由があります。睡眠は活動をオフにして脳がからだのセンサーとやりとりをして、回復させる行為です。

 

これによりからだは回復することが出来るんですね。

 

物理的な睡眠を摂って、弱くなってしまっているからだを回復させましょう!

 

 

まとめ

 

お正月の期間に体調を崩してしまう理由は、生活リズムが崩れてしまい、からだの免疫力が下がってしまっていることが考えられます。

 

改善するにはまず崩れてしまっている生活リズムを出来る限り戻すことは必要ですが、それに加え必要な栄養を摂り、全体量を減らすなどで内臓への負担を少なくする、睡眠でからだを休ませるということがとても重要になります。

 

自分の場合はどうなんだろう?と疑問の方は、気軽にご質問くださいね!

 

LINE@は下記ボタンをクリックいただき、友達登録よろしくお願いいたします。

友だち追加

 

からだ×リフォーム専門Green&Body

木村 泰久

トレーナーの自己紹介

2017.07.03

メールのお問合せ

治らない肩こり、腰痛、ひざ痛や姿勢などに悩まれていませんか?あなただけのオーダーメイドの問題解決方法をご案内します。

メルマガ配信中

無料メルマガ配信中です!からだの新常識を知って健康になる方法を知りたくありませんか?
『からだ×リフォーム講座~からだを変える新常識を知る7日間~』

======================================

からだ×リフォーム専門Green&Body

~姿勢と栄養でからだをリフォーム~

〒703-8244岡山市中区藤原西町1丁目6-43-2F-A

(廣榮堂さんの真向かいです)

[TEL]086-237-4370

[Mail]info@green-and-body.com

[HP]https://green-and-body.com

[営業日]

月~金 10:00 - 21:00

土 10:00 - 19:00

日・祝 定休日

========================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です