【すぐ出来る】超簡単!むくみをとる運動とセルフケア

岡山の姿勢矯正・改善ピラティススタジオGreen&Bodyです。

 

最近の季節の関係か、むくみのご相談を多くいただいております。

 

 

以前にもブログでむくみについてはお伝えさせていただきましたが、こちらで改めてむくみをとる方法と、むくまない生活のポイントについてお伝えさせていただきます。

むくみ解消にたんぱく質が効果的な理由を知っていますか?

2017年10月10日

 

むくみをとる方法&生活のポイント

 

生活の中で行えるむくみをとる方法について、ポイントを以下お伝えしますね!

 

  • きつい運動より全身を動かす運動(特に関節を動かす)
  • 筋膜リリースをする(リンパマッサージも可)
  • 食べ過ぎない(特に夜)
  • 夕食で塩分を摂り過ぎない
  • 食べ過ぎたら次の食事で調整する
  • たんぱく質を意識的に摂取する
  • ストレスを溜めないor発散する

 

これらが考えられます。

 

1つずつの解説をすると長くなってしまいますので省略しますが、運動のポイントは関節を動かすこと、食事では必要なものを食べ不要なものや量は食べず、内臓を休ませることが重要です。

 

むくみはリンパで起こりますが、そのリンパを水道管と例えると、関節がある部分で狭くなってしまいます。すると、その間がむくんでしまいます。この場合筋膜間にも老廃物が蓄積してしまいます。

 

その為、運動では全身の関節を動かすようなエクササイズを選択しましょう。ウォーキングでも全身を動かしたり、ピラティスではねじるなどの動きが効果的です。

 

 

またむくみの原因のほとんどを占めるのは食習慣です。量を食べ過ぎたり、不要なもの(添加物など)を摂り過ぎると、内臓に負担を掛け本来の機能をしなくなってしまいます。

 

必要なものと量は食べ、それ以上は食べない。食べ過ぎたら調整すれば良いのです。内臓は調整可能です。

 

まとめ

 

むくみは季節的なものでどうしても起こりやすくなりますが、日常生活の過ごし方などで十分予防&解消が可能です。全身や関節をしっかり動かす運動と、必要なものを食べ不溶なものを食べないというバランスを取ることで、内臓を本来の機能に戻し、老廃物を排出できる機能を促します。

 

生きている以上老廃物はどうしても溜まりますが、大切なことはそれをきちんと排出することです。

 

是非日常生活で気を付けてみてくださいね!

 

むくみのことや解消方法についてのご質問は、以下から受け付けておりますのでお気軽にどうぞ!

 

問い合わせ

LINE@限定で、健康に関する話やお得な情報を毎週お届します!登録無料で個別の相談も受けて付けております! 姿勢矯正・改善ピラティススタジオ Green&Body 木村 泰久

【代表トレーナープロフィール】木村泰久

2017年7月3日
姿勢矯正・改善ピラティススタジオ Green&Body 〒700-0975 岡山市北区今4-15-23 2F

086-237-4370

[営業日] 月-木 9:00 - 21:00 土・日・祝 9:00 - 18:00 金曜日 定休日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です