腰痛ベルトで痛みは取れる?|腰痛解消は自前のベルトで!

岡山で肩こり・腰痛・ひざ痛に強いパーソナルトレーニングスタジオGreen&Bodyのパーソナルトレーナー木村泰久です。

 

腰痛のお悩みに対して、腰痛ベルトを使用される方もいらっしゃるかと思います。

 

腰痛の解消に腰痛ベルトは効果があるのでしょうか?

 

結論から言うと、腰痛の解消にはつながりません!腰痛を抑えることは出来ているようで、場合によっては悪化させてしまうこともあるのです。

 

本日は腰痛ベルトと腰痛について、お伝えいたします。

 

腰痛ベルトの効果

 

腰痛ベルトは、腰をぎゅっと締め付け固定することで腰痛を予防するものです。

 

腰痛が起こる時は、何かの動作の時が多いですよね。

 

  • 屈んだ瞬間
  • 靴を脱ごうとした瞬間
  • 洗濯物を干そうと思った瞬間
  • 靴下を脱ぐ瞬間
  • 振り向いた瞬間

 

このように、動作の中のある瞬間で痛みが起こるケースが多いのです。

 

腰痛ベルトはこの動作をある程度制限する為、痛みが起こりにくくなるのです。その為腰痛に対して腰痛ベルトがよく使われるのです。

 

腰痛ベルトをし過ぎると、腰痛が悪化する!?

 

しかし、ここで注意が…。

 

腰痛ベルトをし過ぎると、腰痛が悪化してしまうのです!

 

理由は、頼り過ぎてしまうことにあります。

 

腰痛ベルトは動き以外にも腰自体を固定・安定させるという役割があります。つまり腰痛ベルトが助けてくれるのです。

 

しかし、これをし続けると、どうなると思いますか?

 

腰痛ベルトがないと腰を支えることが出来なくなってしまうのです。

 

確かに腰痛ベルトは痛みを抑えることが出来ます。しかしそれはあくまで一時的な効果で、腰痛ベルトを取れば途端に痛みが起こります。そして、また腰痛ベルトをする…。

 

つまり、本来腰を支える筋肉や機能が衰えていくのです。

 

必要なのは自前のベルト!

 

腰痛ベルトは急性期には効果的です。しかし、ずっとし続けるべきものではありません。

 

そこで必要なのは、自前のベルト。つまり筋肉や機能です。

 

具体的には、インナーユニットと正しいからだの動かし方です。

 

インナーユニットはこちらです。

 

 

これは図の通り4つの筋肉の総称で、筒のようになっています。この機能は腰を含むからだの中心を安定させる働きがあり、どのような動作でも必ず活性されます。

 

腰痛ベルトが巻かれる位置に似ていると思いませんか?これを自前で持つのです。

 

また、この自前のコルセットが安定した上で、正しく動くということも重要です。

 

上記で挙げたような腰痛が起こってしまう瞬間の動作時に、インナーユニットを安定させ更に動きを効率よくすること。これが腰痛を解消する重要なポイントです。

 

腰痛ベルトのし過ぎは、この2つの働きを衰えさせてしまうのです。

 

大切なことは、自前で腰痛ベルトを持つことです。

 

まとめ

 

腰痛ベルトは、腰痛が起こった時には有効です。腰痛が起こる動きや動作を制限することで、痛みが起こらないように防いでくれます。

 

しかし、腰痛ベルトを慢性的にし過ぎると、腰痛ベルトが無ければその動作が出来なくなり、逆に本来の機能はどんどん低下してしまいます。

 

お腹の奥にあるインナーユニットと効率的な動きを自ら獲得することが、腰痛解消に重要なポイントです。

 

腰痛ベルトをすること自体が悪いわけではありませんが、少しずつその使う頻度が減り、最終的には腰痛ベルトがなくても腰痛が起こらないように、日頃からトレーニングをして本来の機能を取り戻しましょう!

086-237-4370

 

メルマガ発行中!

からだ×リフォーム専門Green&Body

木村 泰久

トレーナーの自己紹介

2017.07.03
==========================================

からだ×リフォーム専門Green&Body

~姿勢と栄養でからだをリフォーム~

〒703-8244岡山市中区藤原西町1丁目6-43-2F-A

(廣榮堂さんの真向かいです)

[TEL]086-237-4370

[Mail]info@green-and-body.com

[HP]https://green-and-body.com

[営業日]

月~金 10:00 - 21:00

土 10:00 - 19:00

日・祝 定休日

=============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です