【超簡単】ストレッチポールで肩をほぐす方法!

岡山で”からだの悩み”を解決する姿勢改善専門スタジオGreen&Body代表の木村泰久です。


パソコン業務や家事をすると、肩がこりますよね。


もしマッサージをしても、肩こりを繰り返してしまうのであれば…


その原因は背骨かもしれません。

  • 猫背が気になる
  • 気付いたら頭が前に出ている
  • 巻き肩やいかり肩が気になる
  • 朝起きた時から肩がこっている
  • 何年も肩こりを抱えている

このようなお悩みをお持ちであれば、背骨からほぐすことで肩こりが楽になるかもしれませんよ!

ストレッチポールを使って腰をほぐす方法はコチラ

【超簡単】ストレッチポールで腰をほぐす方法

背骨と肩こりの関係

肩こりでよく感じるのは、下図の辺りですよね。

しかし、この肩がこっている原因自体は、背骨にあることが多いのです。なぜなら、肩は肩甲骨に、肩甲骨は肋骨に、そして肋骨は背骨に付着しているからです。

このように、背骨と肋骨と肩甲骨は繋がっていて、この3つが連動して初めて肩の動きを出すことができます。


背骨が動いて肋骨も動き、それによって肩甲骨と肩が動くような仕組みになっています。


つまり肩がこるということはあくまで結果であって、その根本的な原因として背骨の硬さが考えられるのです。


よく肩こり改善に対して、”肩甲骨を動かす”という方法が取られますが、これだけでは50点です。その理由も、背骨をほぐしていないからです。

肩こりを解消するなら”背骨”から!


肩の始まりは背骨であることから、肩こりを解消する為には背骨からアプローチすることが明確です。


方法

  1. ストレッチポールをからだに対して横にする
  2. ストレッチポールを背中に当てるように両膝を立てて上向になる
  3. 頭の後ろで両手を組んで頭を支える
  4. お尻を浮かせて上半身を床と平行にする
  5. 膝の曲げ伸ばしでストレッチポールを前後に動かす

ポイント

  • ストレッチポールを当てる範囲は、肩甲骨の周辺

注意点

  • 動作中あごが挙がらないようにする
  • 動作中腰が反らないようにする

この方法で、物理的に背骨をマッサージすることができます。


背骨は積み木のように重なっていて、全てが連動して動くようになっています。逆に、一箇所の詰まりは全体の機能不全にも繋がるのです。


その為、この方法で背骨全体に当てるように動かすことで、より効果が出ます。


人によっては、背骨がポキポキっと鳴ったり、「うっ!」と詰まる感じもしますが(笑)こり固まってしまっている為、しっかりほぐすことで楽になってきます。


終わった後は、目が開いて呼吸が楽になっています。さらに、この箇所は自律神経とも関連が深い為、ほぐすことで睡眠の質が上がります。

・ヘルニア・圧迫骨折などの場合は痛みを悪化させる可能性がある為行わないようにしましょう。

・行っている最中痛みが強いようであれば中止しましょう。

まとめ

肩こりの原因は、肩や肩甲骨より、背骨から始まっていることが多いです。


背骨がこり固まると、結果的に肩こりという症状として表れる為、肩だけのマッサージをしても繰り返してしまうのです。


改善する為には背骨自体をほぐすことが重要です。


ストレッチポールを使って背骨と肩こりを楽にしましょう!

問い合わせ

LINE@限定で、健康に関する話やお得な情報を毎週お届します!登録無料で個別の相談も受けて付けております!

からだ×リフォーム専門Green&Body 木村 泰久

パーソナルトレーナー木村泰久のプロフィール

2017.07.03
========================================== からだ×リフォーム専門Green&Body 〒700-0975 岡山市北区今4丁目15-23 2F

086-237-4370

[営業日] 月~金 9:00 - 21:00 土・祝 9:00 - 18:00 日・第3金曜日 定休日 ==========================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です