【実例付】ピラティスは週一回でも効果はあるの?|ピラティス初心者の方向け

こんにちは!岡山のGreen&Body-姿勢矯正・改善ピラティススタジオ-です!

 

この記事ではピラティス初心者の方から「ピラティスって週一回でも効果はありますか?」というご質問をいただきましたのでお答えします。

 

ピラティスは週一回でも効果があります!記事では実例も含めて、詳しくご説明していきます。

 

↓ピラティスを毎日した場合の効果やメリットについては、こちらの記事をご覧ください↓

【実例付】ピラティスは週一回でも効果はあるの?|ピラティス初心者の方向け

ピラティスは週一回でも効果はある?

ピラティスは週に一回の頻度でも充分に効果があります!

 

このようにお伝えすると、ほとんどの方が「え!それくらいで良いの!?」と驚かれます。特に、日頃筋トレに励まれているかたは頻度の少なさに驚かれます。

 

日頃筋トレをされている方は、筋肉痛と超回復という反応を起こして筋肉を強くたくましくしますが、ピラティスではその反応が必要ないのです。

通常の筋トレは週三回がベスト

通常筋トレは週3回行うのが理想的とされています。その理由は「超回復」という働きがあるからです。超回復とは、筋トレの効果を出す為の反応で、強い負荷を加えてトレーニングをした後に筋肉が以前より強くなることを指します。この時に起こる反応が、筋肉痛です。筋肉痛は、筋肉内の細胞が許容以上の力で破壊された時に起こる軽度の炎症なのです。

 

この超回復は、トレーニングをした24〜48時間の間に起こります。このタイミングで筋トレをすることで、以前より強くなるというサイクルを繰り返すことができるのです。これを一週間の頻度で考えると、週三回となります。

 

逆に、筋肉を強く大きくする筋トレの場合は、トレーニングの頻度が少なくこのタイミングを逃してしまうと効果が下がってしまうのです。

こう見ると、ピラティスも週三回行わないと効果が薄れるのでは?と思いますよね。そんなことはありません!なぜなら、ピラティスで鍛える”インナーマッスル”に超回復は必要ないからです。

ピラティスで鍛えるインナーマッスルに超回復の考えは必要ない!

筋肉を大きくするようなトレーニングでは、主にアウターマッスルが鍛えられます。これは強く大きな筋肉です。逆に、ピラティスで鍛えられるのは小さな筋肉で身体を支えるインナーマッスルです。

 

この2つのアウターマッスルとインナーマッスルは、対で拮抗する関係にあってそれぞれ特徴が真逆になるのです。

身体を支えるインナーマッスルは、主に姿勢矯正などに効果があります。つまりインナーマッスルを鍛えることで姿勢が整います。これがピラティスによる効果です。

 

しかし、このインナーマッスルを鍛える場合超回復の反応は必要ありません。インナーマッスルを鍛えるピラティスをしても、筋肉痛は起こります。しかしそれは、慣れない動きで普段使わない筋肉を使った時の反応で、高負荷で超回復させる時に起こる筋肉痛とは別です。

 

インナーマッスルは非常に小さい筋肉で、そこに負荷は必要ありません。ピラティスでも負荷は自分の体重やバネ程度です。そもそも、インナーマッスルは身体を支えることが目的ですので、大きくなる必要がありません。つまり、インナーマッスル自体を大きく強くするという概念が不要なのです。だから超回復は必要ないのです。

ピラティスが週一回で効果がある理由

超回復が必要ないピラティスでは、どれくらいの頻度が適しているのか?それが週一回です。なぜなら、ピラティスで鍛えるインナーマッスルは”脳の感覚”が大事で、それは週一回程度でもしっかり記憶されるからです。

 

脳の感覚とは、目や耳などから入れる情報を脳で感じてそれに反応することです。例えば、自転車を漕いでいて右に傾いた時、転ばないように身体を反対側の左に傾けますよね。また、道を歩いていて車のクラクションが鳴ると、立ち止まってすぐに辺りを確認しますよね。

 

これが脳の感覚の反応です。無意識の中で身体を安全な位置、正しい位置にとどめることを、脳が遂行するのです。そこで使われるのが、インナーマッスルなのです。

 

私たちの身体は、日頃インナーマッスルで姿勢を保持しています。これは意識しなくても、勝手に脳の感覚で行われます。自転車に一度乗れると、その後は多少期間が開いても乗ることができます。それと同じで、脳は感覚を少しのことでは忘れません。

 

筋肉を大きくするようなトレーニングは、超回復を起こさせなければ効果は薄まり、その部位の筋肉は衰退します。しかし、感覚はそうではありません。一度掴んだ感覚は、脳にインプットされ、同じように反応することができるのです。

とは言え、その間隔が空きすぎると、やはり忘れてしまいます。その為、適宜感覚を入れるオススメの頻度が週一回で、その感覚を入れる方法がピラティスなのです。

お客様の利用実例

当スタジオ(Green&Body)のお客様の実例をご紹介します。ここでご紹介するお客様は、皆さん週一回の利用頻度です。

 

【お客様の声】美尻をゲット!5回のピラティスでこの変化!

2020年9月17日

【お客様の声】8回のセッションでの変化と感想

2020年8月3日

【お客様の声】8回のピラティスでひざの痛みと腰痛が改善して、美脚になれた!

2019年2月25日

週一回の頻度でも、これだけ効果があるのです。

ピラティス初心者におすすめの頻度は?

ピラティス初心者の方におすすめの頻度は、まずは週二回です。

 

「え?週一回で効果があるんじゃないの?」と思われますよね。確かに週一回でもピラティスは効果があります。しかし、慣れていない最初の頃は、やはり頻度が重要です。

 

初めて自転車に乗った時のことを思い出してみてください。一人で乗れるようになるまで、何度も転んだりしましたよね。でも乗れるようになるまで、毎日のように自転車にまたがって、少しずつ上手にやって、ようやく一人で乗れるようになったと思います。

 

これと同じで、やはりピラティスを始めたばかりの頃というのは、身体の使い方やエクササイズの正しい位置も分かりづらく、少しでも頻度を多く行う必要があります。その為、効果がある週一回の二倍である週二回がオススメです。

 

ピラティスは少し難しい部分もある為、慣れるまでは「効果が分からない…」と思われる方も多いです。それも含めて、慣れる為に週二回がオススメなのです。

 

↓ピラティスを始めてみたけど、ピラティスの効果が分からないという方は、こちらの記事をご覧ください↓

【実例あり】「ピラティスの効果がわからない」という方へ|効果を実感する為に必要な期間・頻度など詳しく解説します。

 

あくまで週二回の頻度は、初心者のあなたが慣れるまでです。慣れたら、週一回に減らしても問題ありません。まずは慣れる為に、週二回から始めてみましょう。

まとめ

ピラティスは、週一回でも充分効果があります。ピラティスで鍛えるのは、通常の筋トレで大きくするアウターマッスルではなく、身体を支える小さなインナーマッスルです。そのインナーマッスルは週一回の頻度で、充分鍛えられるのです。

 

アウターマッスルを鍛える為には、負荷をかけて筋肉痛と超回復の反応を起こさせる必要がありますが、インナーマッスルは脳の感覚と強いつながりがあり、その感覚は覚えると忘れません。その為週一回でも充分なのです。

 

とは言え、ピラティスを始めたばかりの頃は慣れるまでは週一回だけの頻度では、時間が掛かってしまいます。その為、ピラティスに慣れるまでは、週二回の頻度でしっかり身体と脳に覚えさせて、慣れてきたら週一回に減らしてみましょう。

 

たった週一回でも効果があるピラティス、是非生活の中に取り入れてみましょう!

LINE@限定で、健康に関する話やお得な情報を毎週お届します!登録無料で個別の相談も受けて付けております! 代表のプロフィールはこちら

【代表トレーナープロフィール】木村泰久

2017年7月3日

Green&Body-姿勢矯正・改善ピラティススタジオ –

〒700-0975 岡山市北区今4-15-23 2F

086-237-4370

[営業日] 月-木 9:00 - 21:00 土・日・祝 9:00 - 18:00 金曜日 定休日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です