太もも痩せをして美脚になるには?|原因とパターンの説明

岡山で肩こり・腰痛・ひざ痛に強いパーソナルトレーニングスタジオGreen&Bodyのパーソナルトレーナー木村泰久です。

 

長年脚の太さに悩まされていませんか?色んなところに行っても改善しない太ももの太さ…。

 

また、ふくらはぎの張りや膝のねじれなどの悩みも、併せて持たれてしまっているパターンも多いかと思います。

 

なぜそのような状態になってしまうか?改善しないか?それには原因があります。この原因を見落としたままだと、太ももはどんどん太くなり膝はねじれてしまうのです。

 

その原因は、大きく分けて3つです。

 

  1. コアや筋肉の不活性・アンバランス
  2. 骨盤・股関節のずれ・アンバランス
  3. 足関節のずれ・アンバランス

 

今日は太ももを細くして美脚になる為の原因とパターンについて、お伝えさせていただきます。

太ももが太くなる原因③

 

太ももが太くなってしまう原因3つについて、上記で触れました。1つずつご説明していきます。

 

1.コアや脚に関係する筋肉の不活性・アンバランス

 

コアとは、からだの中心にある部分で、4つの筋肉の総称で呼ばれます。

 

 

右側の縦列にあるインナーユニット4つの筋肉です。これらのコアの部分が安定することは非常に重要です。

 

赤ちゃんは生まれてすぐ産声を上げます。その後も、からだを動かすなどは出来なくても泣くことは出来ます。実は泣くことで、インナーユニット・コアの強化をしているのです。

 

その後コアがまず安定し、それから手足をバタバタさせる、寝返りをする、ハイハイをするなどが出来ます。つまり、人はまずコアの安定からスタートします。

 

直立二足歩行が出来る動物は人間しかいません。他の動物と人間の違いの1つに、このコアの安定があるのです。それだけコアは重要です。

 

しかし、便利すぎる世の中のせいでコアが不活性になってしまっている方が非常に多いのです。それは姿勢に表れます。

 

猫背・反り腰・平背など、様々な不良姿勢は、コアの不活性が関係しています。

 

太ももが太くなってしまう姿勢としては、反り腰姿勢が強く関係します。この際コアは抜けてしまって、腰の大きな筋肉(アウターと言います)に頼ってしまいます。

 

その為まずはコアの安定は必須となります。

 

その上で、美脚に関係するのは骨盤周りの筋肉です。

 

これは一部ですが、骨盤に付着し関係する筋肉です。お尻周りだけでもこれだけあります。それ以外にも、前側や内側にも多く存在しますし、もちろんコアも含まれます。

 

これらの筋肉のバランスが崩れてしまうパターンが非常に多いのです。パターンとしては、お尻や太ももの裏が長く伸びてしまい、逆に太ももやふくらはぎの筋肉が短く硬くなってしまっています。

 

他にも、下で詳しく説明しますが足周りも非常に関係します。足に多く存在する筋肉のアンバランスで、歩き方や着地が変わってしまいます。

 

この状態が太ももが太い状態ですね。このように、筋肉の不活性やアンバランスは非常に太ももが太くなることに関係しています。

 

2.骨盤・股関節のずれ・アンバランス

 

次に骨や関節について。脚に関係する骨や関節について、まず関係性が強いものとして骨盤や股関節が挙げられます。

 

 

骨盤はからだを支える土台に位置し、股関節は脚の付け根に位置します。これらのずれは脚のラインに直結します。

 

また、これらは脚のラインを崩すだけではなく、腰痛などの痛みや機能不全にもつながってしまいます。

腰痛と骨盤の関係について、知っていますか?腰痛改善に必要な考え方

2018.03.24

 

骨盤・股関節のずれに関しては、次項のパターンで詳しくご説明します。

 

3.足関節のずれ・アンバランス

 

そして、見逃せないのが足関節です。

 

足はまず最初に地面に接地する場所です。この最初のインパクトがずれてしまうと、そこから伝わる力はすべてずれた状態になってしまいます。しかし、ここでのずれは非常に多いのです。

 

足には全部で28個の骨があり、両足を含めるとその数はからだ全体の骨1/4を占めます。また膝から下の足関節に関係する筋肉の数も約30存在します。それだけ重要なんですね。

 

 

図のように、足には本当に多くの骨や関節が存在します。足は多くのトラブルが起こります。外反母趾や偏平足など有名ですね。これらは、接地する時の不安定さやアンバランスなどで、足にある筋肉や骨のバランスも崩れてしまうことに多くの原因があります。

 

私たちは1日に多い時は1万歩以上歩きます。その1歩がずれていたり、誤っていたら…。そして、それを毎日繰り返してしまっていたら…。足はどんどん崩れてしまいます。

 

足関節のずれは、ふくらはぎに大きな影響を出します。ふくらはぎが使えない・使い過ぎる状態になり、それはすぐ上の膝や太ももにも影響を出します。

 

このように、見落としがちですが足周りのずれも脚を太くしてしまう大きな原因になるのです。

 

太ももが太くなるパターン③

 

次に太ももが太くなる3つのパターンをご紹介します。これが全てではありませんが、代表的なものを3つ挙げます。

 

その前に、まずはじめにこちらの図をご紹介します。

 

 

色んな脚の形がありますね。一番右が正常な状態です。残りはすべて悪いパターンになっています。

 

順番に説明すると…

 

*右から

  • 正常な脚
  • O脚
  • X脚
  • XO脚

 

このようになっています。これが多くみられるパターンです。順番にご説明していきます。

 

O脚

 

O脚は、脚が開いた状態で、膝の間に隙間がある状態です。これは股関節が外に開いてしまった状態で、下半身が大きく見えてしまいます。

 

こちらは男性に多く見られますが、もちろん女性でも悩まれている方は多いです。

 

X脚

 

次はO脚の逆でX脚。膝の内側同士が当たってしまう状態で、場合によってはそこが当たることで赤くなったり、変形が出る場合もあります。

 

こちらは女性に多く、ご相談も多く頂きます。

 

XO脚

 

そして最後。いつもこのお話しをさせていただくと、初めて聞くという方が大半なのですが、実はこのパターンが私が現場で見る中では一番多いのです。

 

具体的には、膝から上がO脚、膝から下がX脚の状態です。これはぞうきん絞りのような状態です。

美脚の敵はひざのねじれ?股関節と足関節を整えて改善!【動画あり】

2017.11.22

 

このパターン、女性に非常に多い状態で、かなり厄介な状態です。そして、このパターンが多くの脚のトラブルや、太ももの太さを出してしまっているのです。(このパターンの状態だけで太ももは太く見えてしまいます)

 

原因とパターンの関係性

 

では、このパターンと太ももが太くなってしまう原因は、どのような関係があるでしょうか?実は非常に密接な関係があります。

 

例えば、コアが不活性で骨盤が広がってしまった場合。この状態は骨盤・股関節の制御が効かなくなってしまい、股関節は開くか(O脚)閉じる(X脚・XO脚)になります。そして、その歪みは足に伝わり歩き方が変わります。すると太ももに頼った歩き方になってしまう為、太ももは太くなってしまいます。

 

他にも、歩く際に足を極端に外側で着いてしまうと、膝は開いて(O脚)股関節も開き、太ももは太くなります。

 

これらの状態では、筋肉は正しい位置に定まることが出来ず、長くなるか短くなり、その本来の力を発揮出来ません。すると、その状態は更に悪くなるという悪循環になります。

 

このように、脚が太くなる原因と太ももが太くなるパターンは表裏一体で、鶏が先か卵が先かというような密接な関係なのです。

 

日常に潜む”本当の”原因

 

しかし、見落としてはいけない点が更にあります!それは、”本当の”原因が他にあるということです。

 

例えば上記でご紹介した、歩く際にコアが不活性で骨盤が広がってしまい骨盤・股関節の制御が効かなくなってしまい、股関節がO脚・X脚・XO脚になるというパターン。この原因は”コアが不活性で骨盤が広がってしまった”というものです。

 

では、なぜコアが不活性になり骨盤が広がったのでしょうか?この根本の原因が、日常の中に潜んでいるケースが非常に多いのです。

 

  • イスに座った時浅く腰掛け背もたれにもたれている
  • 気付いたら脚を組んでいる
  • 引っ越しをして以前より歩かなくなった
  • 本を読むときに左側で読むくせがある
  • スマホは決まって利き手で触る

 

このような”何気ない”日常生活の中に、必ず原因はあります。それは気付いていないことが多く、またイレギュラーに起きてしまうこともあるのです。

腰痛の原因はテレビの見方だった!?あなたは大丈夫ですか?

2018.03.26

 

この本当の原因を改善しない限り、痛みは繰り返してしまうというパターンにはまってしまうのです…。

 

改善には自分に合ったパターンの対策が必須!

 

太ももを細くして根本的に改善しその状態を継続するには、自分がどのパターンで何が原因なのかを知る必要があります。

 

  • 骨盤は開いているか?閉じているか?
  • 骨盤が前に倒れているか?後ろに倒れているか?
  • X脚か?O脚か?XO脚か?
  • 足首は内に倒れているか?外に倒れているか?

 

これは人によって変わります。更に、その状態を生む日常生活のくせやパターンも人によってまちまちです。大切なことは、それを知って対処することです。

 

太ももを細くする為には、エクササイズは必須です。骨格を整え正しく筋肉を使う必要があるからです。しかし、テレビや雑誌で紹介されているエクササイズや運動が、あなたにとって合っているかどうかは分からないのです。

 

太ももを細くする為には、まず自分の太ももがなぜ太くなってしまったのかについての原因を見つけましょう。その為にパーソナルトレーナーや専門家の助言はとても有効です。

 

まとめ

 

太ももが太くなってしまうには、3つの原因と3つのパターンが存在します。それらによって、骨盤や股関節・足の関節のバランスが崩れてしまい、太ももを太くしてしまうのです。

 

原因とパターンは密接な関係があり、切っても切ることは出来ませんが、最も重要なことは、それが起こった本当の原因を知ることが大切です。

 

改善にはエクササイズや運動が大切ですが、あるエクササイズがあなたにとって効果的かどうかは、原因が何になるかによって異なります。まずは原因を知って、そこに対して正しいエクササイズで太ももを細くし、美脚をゲットしましょう!

086-237-4370

お問合せやご質問はLINE@からも受け付けております!LINE@は下記ボタンをクリックいただき、友達登録よろしくお願いします!

友だち追加

からだ×リフォーム専門Green&Body

木村 泰久

トレーナーの自己紹介

2017.07.03
======================================

からだ×リフォーム専門Green&Body

~姿勢と栄養でからだをリフォーム~

〒703-8244岡山市中区藤原西町1丁目6-43-2F-A

(廣榮堂さんの真向かいです)

[TEL]086-237-4370

[Mail]info@green-and-body.com

[HP]https://green-and-body.com

[営業日]

月~金 10:00 - 21:00

土 10:00 - 19:00

日・祝 定休日

========================================

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です