【実例付】マシンピラティスとは何か?その特徴や効果について分かりやすく解説します!

こんにちは!岡山のGreen&Body-姿勢矯正・改善ピラティススタジオ-です。

 

ピラティスには専用のマシンがあって、マシンを使うエクササイズをマシンピラティスと言います。

 

マシンピラティスにはベッドのような形から椅子のような形まで様々で、専用マシンを使うことでより細かく鍛えたいところを刺激することができます。ただ、マシンピラティスをしたことがない人にとっては、多くの疑問があると思います。

 

  • マシンピラティスの特徴は?
  • マシンピラティスの種類って何があるの?
  • マシンピラティスの効果は何?
  • マットピラティスとマシンピラティスの違いは?

 

この記事では、そんなマシンピラティスの特徴や効果や疑問について、詳しく解説します!

マシンピラティスとは?

マシンピラティスとは、専用のマシンを使って行うピラティスエクササイズのことです。

 

ピラティスはフィットネスクラブのグループレッスンで有名になった為、「ピラティス=マット運動」と思われている方も多いですが、実はそうではありません。

 

ピラティスが生まれた約110年前、その時同時に専用のマシンも誕生していたのです。

これはピラティスの創始者、ジョセフ・H・ピラティス氏が指導している風景です。キャデラックというマシンを使用して、エクササイズ指導をしています。

 

専用のピラティスマシンは、バネやチューブを使います。それによって負荷の上げ下げを調整することが可能で、その人その人のレベルに合わせることが可能なのです。

 

つまり専用のピラティスマシンを使うことで、身体に痛みや障がいがある人でもピラティスエクササイズが行え、更にその効果を体感することができるのです。

 

実際のマシンピラティスの動きは、当店(Green&Body)の動画をご覧ください。

マシンピラティスの特徴3つ

マシンピラティスの特徴はたくさんありますが、まとめると以下3つです。

マシンピラティスの特徴3つ
  1. マットピラティスでは再現できない動きが出来る
  2. エクササイズの数が1000種類以上に広がる
  3. 痛みや障がいがあっても出来る

詳しく説明します。

1.マットピラティスでは再現できない動きが出来る

マットピラティスは約100種類のエクササイズが存在します。それだけでも効果は充分発揮されます。

 

しかし、マットピラティスの難点はフォームが難しいということです。自分の体重と重力のみを使ってエクササイズをする為、ある程度慣れた人でなければ身体のコントロールが難しいのです。

 

一方、マシンピラティスはバネなどの補助器具を使う為、マットエクササイズでは再現が難しい動きをサポートしてくれます。

 

例えば、マットピラティスの中にティーザーというエクササイズがあります。

上半身とまっすぐ伸ばした脚持ち上げ、体幹を鍛えるエクササイズです。グループレッスンなどでも使われる非常にポピュラーなエクササイズですが、実は非常に難易度が高いのです。

 

首が痛い!」「太ももがパンパンになる!」「肩が凝った…」などの感想がよく出ますが、これらはフォームが間違っているから起こる”代償”なのです。

 

それが、マシンのキャデラックを使うと、同じティーザーでもこのようになります。

見た目は同じ形ですが、マシンでは手にバーを持っているのが分かりますね。このバーが負荷を軽くしてくれる為、簡単でしかも代償なく行うことが出来ます。

 

このように、例えマットではエクササイズが出来ない方でも、マシンを使うことでその恩恵を受けることが可能なのです。

2.エクササイズの数が1000種類以上に広がる

マシンピラティスを使えば、エクササイズの数がマットエクササイズの約10倍、1000種類以上にまで広がります。

 

マシンはバネ・ロープ・チューブなどを使い、動きの幅を広げ、更に動きを補助してくれます。特にバネやチューブは、エクササイズの強度を瞬時に変えることが出来ます。

 

これは単に「負荷を上げる」のではなく「動きを補助する」という意味があります。

 

ピラティスの目的は、姿勢を中心に身体の歪みやアンバランスを整えることです。その為には強い負荷は必要なく、重要なことは”正しい動きをすること”です。

 

この正しい動きをする為に、補助具であるロープや強度調整のバネ・チューブを使い、正しい動きへと導いていきます。

 

同じエクササイズでも、ロープを使う、バネの組み合わせを変えるだけで、一瞬で強度や目的が変わります。その為エクササイズの種類が1000以上に広がるのです。これだけのバリエーションがあれば、誰でも行えますね!

3.痛みや障がいがあっても出来る

通常身体に腰痛や手術後の痛みがあれば運動は困難で、障がいをお持ちの方は運動の幅が制限されます。しかし、マシンピラティスを使えば、慢性痛に対しては改善の可能性が高く、障がいをお持ちの方でも様々な運動が可能となります。

 

マシンピラティスには補助具として、バネ・バー・ロープなどが付いています。

これらを活用することで、身体のサポートが可能となります。通常ジムなどにあるマシンエクササイズと聞くと、強度を上げることが目的のように思われますが、ピラティスはそれよりも身体や動きを助けることが目的になります。

 

長年続く肩こりや腰痛は、身体の歪みやアンバランスが原因で起こっているケースがほとんどです。その場合は、原因から改善する必要があります。それには、動きを補助するマシンを使ったピラティスが非常に有効です。

 

また、手足が麻痺などで動きにくい・義足や義手をされている方でも、ピラティスマシンの補助を使えば通常行えないエクササイズも可能となります。実際当店(Green&Body)でも、麻痺をお持ちの方がマシンを使って取り組まれています。

  • 強い痛みがある場合は炎症などが疑われ、治療が必要です。その場合はピラティスは行わず、まず医療機関を受診しましょう。
  • 障がいをお持ちの方は、まずは主治医に運動強度や運動の制限について相談してからピラティスに取り組みましょう。

マシンピラティスとマットピラティスの違い

マシンピラティスとマットピラティスには大きな違いがあります。それぞれの比較特徴は以下のようになります。

マットピラティス
  • グループ指導で多く行われる
  • 約100種類のエクササイズが行える
  • やや安価
マシンピラティス
  • 個別指導で多く行われる
  • 約1000種類のエクササイズが行える
  • やや高価

見比べると分かるように、対照的な印象があります。しかし、どちらが良い・悪いというわけではありません。それぞれのメリットがあるからです。

 

例えば、気軽にピラティスに触れてみたいという初心者の方であれば、まずマットピラティスのグループレッスンをお勧めします。その後「自分には合う!もっと深めたい!」と思ったら、少人数のグループやマットでの個別指導を受け、更に多くのエクササイズをして深めたいと思ったら、マシンピラティスの個別指導という流れがスムーズです。

 

このように、目的や状況によってマットとマシンは異なる為、まずは「なぜピラティスをするのか?」「どこで受けるか?」などを明確にしましょう。

 

ちなみに、慢性痛やコンプレックス解消が目的であれば、早めにマシンピラティスを使った個別指導がオススメです。

↓マシンピラティスとマシンピラティスの効果について詳細を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください↓

【実例あり】「ピラティスの効果がわからない」という方へ|効果を実感する為に必要な期間・頻度など詳しく解説します。

マシンピラティスで期待できる効果は?

マシンピラティスで期待できる効果は、大きく3つあります。

【効果1】慢性的な肩こり・腰痛の改善

何と言っても、マシンピラティスは慢性的な肩こり・腰痛の改善に効果があります!

 

マシンピラティスは、身体を支えるインナーマッスルを効率的に鍛えることができます。慢性的な肩こりや腰痛の原因のほとんどは、アンバランスです。インナーマッスルの反対に当たるアウターマッスルは、強い力を発揮し身体を動かします。しかし、そのアウターマッスルが強すぎることでアンバランスが生まれ姿勢が崩れます。その結果特定の筋肉や関節に負担がかかり、痛みやこりや起こるのです。

 

マシンピラティスを使うことで、この根本的な原因を改善することができます。マッサージでは一時的にはバランスが整い痛みも緩和されますが、残念ながら長続きしません。根本的に改善する為には、インナーマッスルを鍛えてバランスを整える必要があるのです。

【効果2】骨盤や背骨の歪み矯正

マシンピラティスではインナーマッスルを鍛えることが出来ますが、それによって骨盤や背骨の歪み矯正が行えます。

 

骨盤や背骨の歪みは、慢性的な痛みや崩れたボディーラインの原因になってしまいます。家で例えるなら、大黒柱や基礎土台が歪んでいるような状態です。その為歪み矯正はとても重要です。

 

整体などで他動的にアプローチして骨盤や背骨の位置を変えることは出来ます。しかし、それは長続きしません。なぜなら、骨盤や背骨がそもそも歪んだ原因まではアプローチできていないからです。

 

骨盤や背骨の歪みの原因は、日常的な悪いくせの積み重ねによる筋肉のアンバランスです。骨や関節は勝手に動きません。筋肉によって動かされます。つまり筋肉を使って動くことによって引っ張られ、骨や関節も動くのです。

 

その引っ張る筋肉の力が強すぎたり、偏りがあるとどうでしょうか?テントを張る場合でも、左右の力が拮抗する必要がありますが、右だけ強く引っ張ると支柱は右に倒れますよね。身体でも同じです。アンバランスな筋肉の使い方は骨や関節の歪みにつながるのです。

 

マシンピラティスは効率的にインナーマッスルを鍛え、身体のバランスを整えることができます。その結果身体の土台である骨盤や背骨の歪みも整え矯正することができるのです。

【効果3】姿勢の”根本的な”矯正

マシンピラティスを行うことで、姿勢を”根本的に”矯正することができます。

 

姿勢は日々変化するものです。座り方や買い物中の歩き方などで、姿勢は絶えず変化しています。しかし、慢性的な悪い癖を持ってしまうことで、何もしていない普段の姿勢が崩れるケースが多くあります。

 

  • 猫背姿勢
  • 反り腰姿勢
  • 平背姿勢
  • X脚・O脚姿勢

 

このような悪い姿勢は、日常的な悪い癖の積み重ねで起こります。この時最も厄介なのは、実は脳がそれを覚えてしまうことです。

 

身体の司令塔である脳にとって「普段の姿勢は猫背が普通」という風にインプットすると、そのように身体は指令を受け姿勢をつくります。つまり脳の指令を変えない限り姿勢は根本的には改善せず、悪い姿勢は繰り返してしまうのです。

悪い姿勢や猫背は繰り返す

マシンピラティスは、この脳の指令を改善することができます。マシンピラティスは、バネやロープで身体を補助しながらコントロールする運動の為、歪みを自分自身で感じることが出来ます。それを感じながら、何度も修正を繰り返すことで、脳が「今の姿勢は間違ってる!?こっちが正しい!」と、歪みのない本来の状態に戻すことができるのです。

 

これは通常の筋トレでは得られず、またマットピラティスでは難易度が高いのですが、マシンピラティスではそれを容易に再現することができ、その結果姿勢を”根本的に”改善することができるのです。

マシンピラティスの種類と特徴について

マシンピラティスと一言で言っても、様々な種類があります。マシンピラティスの種類と特徴についてご紹介します!

リフォーマー

リフォーマー
リフォーマーの特徴
  • ベッド(キャリッジ)が動く
  • ロープを使うことで手足を挙げることなどが容易にできる
  • バネで強度設定が瞬時に行える
  • リフォーマー専用のジムやスタジオがある
  • グループレッスンでも活用される

キャデラック・タワー

キャデラック・タワー
キャデラック・タワーの特徴
  • ベッドが固定されている為マットに近い感覚で行える
  • リハビリに効果的
  • 浮くようなエクササイズまで可能
  • お腹・背中など、局所に効かせやすい
  • リフォーマーとセットになっているマシンもある

チェアー

ピラティスのチェアー
チェアーの特徴
  • 強度の高いエクササイズが多く行える
  • アスリートのパフォーマンスアップに効果的
  • 座り姿勢の矯正に適している
  • 移動が簡易
  • 自宅用に購入されやすいマシン

コアアライン

コアアライン
コアアラインの特徴
  • 立った姿勢のエクササイズが多く行える
  • 歩く・走る動作を矯正できる
  • 左右バラバラに動かすことができる
  • チューブで強度を設定する
  • まだ日本では珍しいピラティスマシン

マシンピラティスをおすすめしたい人

マシンピラティスをおすすめしたい人は、以下のような人です!

【マシンピラティスをおすすめしたい人】

  • 1年以上続く肩こり・腰痛・ひざ痛を解消したい人
  • 腕を挙げると肩にピキっと痛みを解消したい人
  • 過去に数回ぎっくり腰をしたことがある人
  • 背骨や骨盤の歪みが気になって解消したい人
  • 骨盤だけが広がっていることを解消したい人
  • 階段を上り下りするとまた痛みが出そうで怖いと感じる人
  • 腰のグラグラ感を改善したい人
  • 人に「姿勢が悪い」と指摘され、根本的に姿勢を矯正したい人
  • 鏡を見た時に猫背になっていることが気になる人
  • 病院や治療院に行っても痛みの原因が分からない人

これらの悩み解決に、マシンピラティスは非常に高い効果を発揮します!

マシンピラティスの頻度は週1回がおすすめ!

マシンピラティスをする頻度は週1回がおすすめです。ピラティスは、筋トレのように週3回など行う必要はありません。週1回でも充分効果を発揮するのです。

 

もちろん、週2回、3回と行うことで一層効果を感じることは出来ますが、痛み改善や悩み解決に取り組むのであれば、週1回で充分です。

 

当店(Green&Body)でも、7割のお客様は週1回の利用頻度で、しっかりと効果を実感されています。(残り3割の方は月2回と、頻度が増えることはありません)

 

【お客様の声】美尻をゲット!5回のピラティスでこの変化!

2020年9月17日

【お客様の声】8回のセッションでの変化と感想

2020年8月3日

【お客様の声】8回のピラティスでひざの痛みと腰痛が改善して、美脚になれた!

2019年2月25日

【お客様の声】8回のセッションでの変化と感想

2020年8月3日

週1回でも、これだけ効果を実感することが出来ます!

まとめ

マシンピラティスは、バネやロープなどの付属があるピラティス専用マシンで行うピラティスです。

 

マシンピラティスはエクササイズの幅をマットピラティスの約10倍に広げ、しかも効果を非常に実感しやすくなります。特に、長年続く肩こりや腰痛の改善・骨盤や背骨の歪み改善・根本的な姿勢矯正などに非常に高い効果を発揮します。

 

マシンピラティスは様々な種類がある為、身体に痛みや障がいをお持ちの方でも取り組め、しかも効果を発揮することが出来る優れた機能改善エクササイズです。

 

当店(Green&Body)でが、アメリカから直輸入した専用マシンを揃え、個別指導で結果を出す本格ピラティススタジオ です。身体に悩みをお持ちの方、通常の運動や病院・整体では悩みが解決できなかった方、是非一度マシンピラティスを試してみてください。絶対に変化を実感出来ます!

 

↓Green&Bodyの詳細は、こちらのボタンをクリックください↓

 

LINE@限定で、健康に関する話やお得な情報を毎週お届します!登録無料で個別の相談も受けて付けております! 代表 木村 泰久のプロフィールはこちら

【代表トレーナープロフィール】木村泰久

2017年7月3日

Green&Body-姿勢矯正・改善ピラティススタジオ-

〒700-0975 岡山市北区今4-15-23 2F

086-237-4370

[営業日] 月-木 9:00 - 21:00 土・日・祝 9:00 - 18:00 金曜日 定休日

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です